【韓国大統領選】文在寅氏を最大野党候補に決定 反日・親北姿勢を鮮明に、「反文勢力」の結集が鍵(1/2ページ) – 産経ニュース

ふーん・・・


【ソウル=桜井紀雄】韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)容疑者の罷免に伴う5月の大統領選に向け、左派系最大野党「共に民主党」は3日、各地の予備選で57%の得票率を得た文在寅(ムン・ジェイン)前代表(64)を党公認候補に選出した。文氏は世論調査で30%を超える支持率を維持し、首位を独走するが、外交・安保姿勢を不安視する声も根強い。他の陣営にとっては「反文氏」で結集できるかが鍵となりそうだ。

3日のソウルの大会まで4回にわたって実施された予備選で、文氏は、安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道(チュンチョンナムド)知事の21・5%や李在明(イ・ジェミョン)・城南市長の21・2%を大きく引き離した。朴容疑者に惜敗した2012年に続き、2度目の大統領選への挑戦となる。

文氏は、候補受諾演説で「韓国の分裂と葛藤の時代は終わらなければならない」と述べ、「不正腐敗や不平等の積弊を完全に清算する」と強調した。保守政権で長年積もった悪弊を一掃するとの宣言だ。

文氏は、慰安婦問題をめぐる15年の日韓合意も「外交の積弊」として見直しを主張。釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を訪れ、3月に出馬を宣言したネット上の動画でも「歴史を忘れず、まともに扱われなかった慰安婦被害者に尽くす国にならなければいけない」と強調した。

親北政策を進めた盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の後継者として、経済的に北朝鮮を潤してきた開城(ケソン)工業団地や金剛山(クムガンサン)観光の再開も明言する。

中国が強く反発する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備については「次期政権で決めるべきだ」と繰り返し、反対する本音をのぞかせている。

外交・安保政策の断絶を生む姿勢に拒否感を示す有権者も多い。党の重鎮、金鍾仁(キム・ジョンイン)氏が3月に文氏の当選阻止を掲げ、離党した。

「受け皿」安哲秀氏

「反文氏」票の受け皿になるとみられているのが、中道左派の第2野党「国民の党」の安哲秀(チョルス)元共同代表だ。THAAD配備など国家間の合意は「守るべきだ」と主張し、最新の世論調査では、安煕正氏を抑え、2位に急浮上した。

穏健な政策で保守・中道層の支持も得てきた安煕正氏が党候補から落選したことで、同氏の票が安哲秀氏に流れるとの観測もある。ただ、自由韓国党など保守2党と国民の党とのスタンスの差は大きく、「反文氏」勢力が候補を一本化できる見通しは立たない。

情報源: 【韓国大統領選】文在寅氏を最大野党候補に決定 反日・親北姿勢を鮮明に、「反文勢力」の結集が鍵(1/2ページ) – 産経ニュース

ダメだこりゃ・・・