首相 日韓合意履行に全力を 駐韓大使に指示 | NHKニュース

ふむ・・・


安倍総理大臣は、総理大臣官邸で、4日韓国に戻る長嶺大使と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行に向けて、韓国側への働きかけなどに全力を尽くすよう指示しました。

安倍総理大臣は4日午前、総理大臣官邸で、慰安婦問題を象徴する少女像の設置への対抗措置として一時帰国し、4日に韓国に戻る長嶺大使と会談しました。

この中で、安倍総理大臣は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行に向けて、韓国側への働きかけなどに全力を尽くすよう指示しました。

長嶺大使は、会談のあと、記者団に対し「きょう帰任するのであいさつし、安倍総理大臣から指示を頂いた。在韓日本大使として、全力を尽くして、今の課題にあたっていきたい」と述べました。

また、長嶺大使は、記者団が「韓国側に日韓合意の履行をどのように求めていくのか」と質問したのに対し、「大統領代行に、直接話をすることで調整している」と述べました。

官房長官 「日韓合意継承に万全を」

菅官房長官は、慰安婦問題を象徴する少女像の設置への対抗措置として一時帰国し、4日、韓国に戻る長嶺大使と会談し、大統領選挙後の次期政権にも慰安婦問題をめぐる日韓合意が継承されるように、働きかけなどに万全を期すよう指示しました。

この中で菅官房長官は、大統領の職務を代行しているファン・ギョアン首相に、慰安婦問題をめぐる日韓合意の順守など、日本の意思を明確に伝えるとともに、大統領選挙後に発足する次の政権にも継承されるよう、情報収集や働きかけなどに万全を期すよう指示しました。

これに対し長嶺大使は、「一生懸命頑張りたい」と応じました。このあと菅官房長官は記者会見で、「わが国と韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国で、両国の協力と連携は北朝鮮問題への対処など地域の平和と安定には極めて重要だ。今後、現政権および新政権との間でも日韓合意を着実に実施するとともに、さまざまな分野における日韓協力をさらに進めていきたい」と述べました。

一方、菅官房長官は、記者団が「慰安婦問題を象徴する少女像が撤去されない段階での帰任には自民党内から不満の声も出ている」と質問したのに対し、「わが国の強い意志は韓国側も強く受け止めたと思っている」と述べました。

公明 山口代表「日韓双方にいいこと」

公明党の山口代表は、記者会見で、「日本にとっても韓国にとってもいいことだ。大統領選挙が始まろうとしているので、情報収集や人脈の形成に努力するとともに、日本と韓国の両政府で交わした慰安婦問題をめぐる合意の実現に向けて、韓国側に責任を果たすよう求めていくことも重要だ」と述べました。

民進 大串政調会長「目的や成果の説明を」

民進党の大串政務調査会長は、記者会見で「合意が履行されなかった場合、大使を一時帰国させる強い措置を示すのはありうることだとは思うが、今回どういう理由や見通しで、一時帰国させたのか、少し不明確な気がする。どういう目的で、どのような成果を生んだのか、政府にきちんと説明してもらわなければならない」と述べました。

維新 馬場幹事長「帰任は適切な判断」

日本維新の会の馬場幹事長は、記者会見で「北朝鮮をめぐる問題は、日米韓の3か国を中心に対策を考えていく必要があり、大統領選挙を控えた韓国に、日本の代表がいないと懸念が生じるので、大使を韓国に戻すのは適切な判断だ。慰安婦問題をめぐる日韓合意を守るよう、次の大統領ときちんと話し合いをしてもらいたい」と述べました。

情報源: 首相 日韓合意履行に全力を 駐韓大使に指示 | NHKニュース

どうなることやら・・・