生活保護世帯の大学進学支援策を検討 超党派議員連盟 | NHKニュース

ハァ・・・


子どもの貧困対策に取り組む超党派の議員連盟は、生活保護を受給している世帯の子どもたちの大学などへの進学を後押しし、貧困の連鎖を防ぎたいとして、生活保護の制度の見直しや奨学金の拡充など、支援策の検討に入りました。

厚生労働省によりますと、生活保護を受給している世帯の子どもの大学や専修学校への進学率は、平成27年度は33%で、全体の進学率(73%)の半分以下にとどまっています。

このため、子どもの貧困対策に取り組む自民党や民進党など超党派の国会議員で作る議員連盟は、教育の格差が貧困の連鎖につながるのを防ぎたいとして、生活保護受給世帯の子どもたちの大学などへの進学を後押しするための支援策の検討に入りました。

具体的には、大学などへ進学した人は、生活保護の対象から外れて世帯への給付額が減額される今の制度の見直しや、進学後の生活費や学費を支援する奨学金の拡充などを検討することにしています。

議員連盟では、ことし夏にも支援策を取りまとめ、政府に実現を求めていくことにしています。

情報源: 生活保護世帯の大学進学支援策を検討 超党派議員連盟 | NHKニュース

今後、まだまだ増えるぞ。