三越伊勢丹トップ交代劇の裏に「解任しなければ潰れる」の怪文書 誰が大西洋社長を追い落としたのか:イザ!

ダメだこりゃ。


新宿伊勢丹本店

「ミスター百貨店」の異名をとる三越伊勢丹ホールディングス(HD)の大西洋社長(61)が今月末で退任する。突然のトップ交代は社内外に大きな衝撃を与えた。業績不振に陥る中でも伊勢丹出身の大西氏は事業の多角化を進め、現場では不満の声が高まっていった。最後は労働組合からの強い要請があり、三越出身の石塚邦雄会長(67)が引導を渡した。大西氏が労組の圧力で辞任に追い込まれたことは、社内融和を優先させないと、会社をまとめられない同社の複雑な事情を浮き彫りにした。

昨夏、三越伊勢丹の関係先に大西氏を誹謗(ひぼう)中傷する怪文書がばらまかれた。記者も昨秋に入手。そこには大西氏の人格や経営者としての資質を否定する文言が書かれ、最後には解任しなければ、会社が潰れると結ばれていた。大西氏の解任を求める内容だった。

こうした怪文書はやむことなく、今年に入っても送り続けられた。社外取締役の自宅にも頻繁に送られていたという。そして、この怪文書の予告通り、大西氏は辞任に追い込まれた。

三越伊勢丹の業績は昨年からインバウンド(訪日外国人)による「爆買い」の終息で急速に悪化した。伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)など旗艦3店の売り上げも落ち込み、地方の不採算店の赤字を補いきれない状況に陥っていった。

三越日本橋本店

そうした経営環境の中でも、大西氏は攻めの姿勢を崩さず、新規事業を矢継ぎ早に立ち上げた。三越伊勢丹の関係者は「人手不足で現場の負担が重くなり、社員の不満は徐々に高まっていった」と振り返る。

大西氏は2018年度に営業利益500億円を達成するという目標を掲げ、事業の多角化に力を入れていた。しかし、大西氏が新規事業に入れ込むほど社内で支持する社員が減っていった。大西氏の業績立て直しにかける思いは強かったが、それが空回りした形となっていた。

ある社外取締役は「業績が良ければ、何をしても許されるが、そこを理解していなかった」と指摘する。結果が出ていないにもかかわらず、メディアへの露出や外部活動が多く、そうした姿勢をおもしろく思わない社員も多かったようだ。

昨年11月の中間決算の発表では、不採算の松山三越(松山市)や広島三越(広島市)など地方4店の売り場縮小などのリストラの検討を表明した。この話は機関決定していないにもかかわらず、勝手に公表したため、役員の間でも大西氏への不信感が広がり、求心力を失っていった。

ある役員は「社長の任期が長く、スタンドプレーが増えた。裸の王様になってしまった。おかしいことを誰も注意する人がいなくなったのが不幸の始まりで、(経営統合を主導した)故武藤信一元会長がいれば、こんなことにはならなかった」と嘆息する。

大西氏も周囲が離れ、取り巻く環境が日増しに厳しくなっていることは自覚していたようだ。年明けの初売りセールでは、記者団に対し、社内に抵抗勢力がいることを漏らしていた。

三越銀座店

辞任の決定打は業績目標の撤回と地方4店のリストラの公表だった。リストラについては労組が公式会合で社長の不用意な発言に気をつけるよう抗議した。労組も突然、リストラ対象の店舗を公表され、内部で大きな衝撃が走った。

このままでは社内が混乱すると判断した労組委員長が石塚氏と1月に会談。労組は大西氏の辞任を要求した。指名報酬委員会も社内の混乱を避けるため、業績不振の責任を取って、会長と社長が退任し、新体制で構造改革を進めた方がよいと判断した。

3月4日、東京都新宿区の三越伊勢丹HD本社の一室で大西氏は石塚氏に「構造改革の社内の混乱の責任を取って辞めてほしい」と告げられた。外堀を埋められた大西氏が、その場で辞表を提出したのが突然のトップ交代の真相だ。

辞任を求めた石塚氏も経営責任を取るため、6月の株主総会後に退任する。指名報酬委員会はきれいな形で両氏を退任させる予定だったが、後任がいない形で大西氏が退任すると新聞で先に報じられたため、今回の人事はさまざまな憶測を呼ぶことになった。

ところで、一体、誰が大西社長を追い落とすために怪文書を送り続けたのか。この半年の間、怪文書が飛び交い、社外取締役のもとにも届き、人事にも大きな影響を与えたことは確かだ。

ある幹部は怪文書について「経営統合以降、押さえ込まれていた旧三越の社員の仕業だ」と話す。一方で別の関係者は「経営を危惧した経営陣の誰かか、労組の可能性もある」とみる。経営の混乱を収束させるため、メーンバンクが流したとの声もある。だが、いずれも真偽は不明だ。

三越伊勢丹HDの大西洋社長

ただ、今回の辞任劇では労組が大きな役割を果たしたのは事実だ。経営統合から約10年となる三越伊勢丹は社風や待遇が大きく異なり、社内融和がうまくいかなかった。経営統合は伊勢丹が三越を救済する形だったため、人事では旧伊勢丹出身者が優遇されている。役員も旧伊勢丹出身者の方が多い。

待遇面では旧伊勢丹の賞与が旧三越の4倍の格差がある時期もあった。ようやく昨夏に同じ形になったが、閉鎖店舗も不採算な地方店を多く抱える旧三越ばかりが続いた。旧三越出身者の不満が高まり、社内融和がうまく進まなかった。社内のまとまりが悪いため、経営のスピードが遅く、ライバルとの差が付いているとの声も業界内にはある。

労組も同様で旧伊勢丹と旧三越の組合が統合して三越伊勢丹グループ労組を設立したが、主導権争いが勃発。委員長ポストをめぐり水面下で激しい対立があったとされる。現在は旧伊勢丹が主導権を握り、社内基盤を固めているようだ。

3月13日、東京都内で三越伊勢丹HD次期社長の杉江俊彦取締役専務執行役員が会見した。会場には大西氏や石塚氏の姿はなく、1人で経営方針を説明する異例の会見となった。

杉江氏は「大西社長の側にいて、一番欠けていたのは対話だった。これからは対話を重視したい」と語った。会見前に労組と対話してきたことも明かし、協調姿勢をアピールした。

そして、杉江氏は「大西社長は成長戦略を優先させてきたが、私は構造改革を優先させたい」と述べた。杉江氏は経営企画本部長として労組との交渉を担当。大西氏による地方4店のリストラ発言では、火消しに追われた。

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の統合後の動き

業績不振の三越伊勢丹は生き残りを図るため、不採算の地方店のリストラは避けられない状況だ。杉江氏も一枚岩ではない社内基盤で、リストラを進めるには、労組の力を借りなければ、実現できないのが実情だ。

伊勢丹と三越の社内融和について、杉江氏は「一部では問題があるが、今はもうほとんどない」としている。ただ、次のリストラでようやく融合してきた旧伊勢丹と旧三越の間に亀裂が生まれる懸念は否定できない。

盤石とは言い切れない社内基盤で大胆な構造改革を断行すれば、大西氏と同じ道をたどる可能性もある。そうは言っても構造改革が遅れれば、他社との差が開き、このまま凋落(ちょうらく)するリスクも抱える。

ライバルのJ・フロントリテイリングや高島屋は不動産事業に力を入れ、脱百貨店を着々と進めている。杉江氏が対話を武器に労組と良好な関係を維持し、大胆な構造改革を断行できるかが、今後の三越伊勢丹の命運を左右することになりそうだ。(経済本部 黄金崎元)

情報源: 三越伊勢丹トップ交代劇の裏に「解任しなければ潰れる」の怪文書 誰が大西洋社長を追い落としたのか:イザ!

百貨店もなぁ・・・、買う物がないんだよな。