ボブ・ディラン氏、ノーベル文学賞のメダル受け取る

ふむ・・・


2016年、ノーベル文学賞に選ばれた、アメリカのシンガー・ソングライター、ボブ・ディランさん(75)に、4カ月遅れてメダルと賞状が授与された。

2016年12月、スウェーデンで行われた授賞式を欠席していたボブ・ディランさんは1日、ストックホルム市内で、文学賞のメダルと賞状を受け取った。

選考にあたるスウェーデン・アカデミーによると、授与式は非公開で行われた。

ディランさんはその後、コンサートに臨んだが、授与された感想などには言及しなかった。

情報源:ボブ・ディランさんにメダルと賞状授与


【4月2日 AFP】2016年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)を受賞した米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が1日、ついに同賞の賞状とメダルを受け取った。賞を選考するスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)が明らかにした。昨年10月に受賞が決まってから、捉えどころのないディラン氏が果たしてメダルを受け取るのか臆測を呼んでいた。

ディラン氏は新作アルバム「Triplicate」のリリースに合わせた欧州ツアーのためスウェーデンの首都ストックホルム(Stockholm)に滞在しており、授賞式はディラン氏のストックホルム公演の初日に先立ち非公開の場所で行われた。同公演の2度目のコンサートは2日に行われる。

スウェーデン・アカデミー選考委員のサラ・ダニアス(Sara Danius)氏のブログ投稿によると、ディラン氏は同アカデミーの12人が出席して行われた「非公開の式典」で賞を受け取った。式ではシャンパンが振る舞われ明るく友好的な雰囲気だったという。

文学賞のメダルには古代ローマの詩人ウェルギリウス(Virgil)の叙事詩「アエネイス(Aeneid)」から「Inventas vitam iuvat excoluisse per artes」というラテン語の一節が刻まれている。「新たに見出された熟達の技によって地上の生活をより良きものとした者たち」といった意味だ。

受賞者が賞金800万クローナ(約9900万円)を受け取るには記念講演を行うことが義務付けられているが、ディラン氏は1日の授与式でも講演しないことになっていた。代わりに6月10日までに何らかの形で講演を行う。録画での提出も認められており、短いスピーチや歌や演奏のパフォーマンス、映像配信でも構わないという。この条件を満たせなかった場合、ディラン氏は賞金を受け取れない可能性がある。

ダニアス氏は先月29日、「今後スウェーデン・アカデミーに、何らかの収録物が送られてくると信じるに足る理由がある」と語っている。(c)AFP/Gaël BRANCHEREAU, Ilgin KARLIDAG

情報源:ボブ・ディラン氏、ついにノーベル賞メダル受け取る 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


2016年のノーベル文学賞を受賞した米国人ミュージシャンのボブ・ディランさん(75)が1日、ツアー公演で訪れたストックホルムで、同賞を選考したスウェーデンアカデミーからメダルと証書を受け取った。アカデミーのダニウス事務局長がブログで明かした。ただ同日の公演でディランさんからノーベル賞への言及はなかった。

ブログやAP通信によると、メダルと証書は同日午後、公演会場に隣接するホテルでの会合でディランさんに手渡された。ディランさんの希望でメディアは同席せず、アカデミー会員12人とディランさん側のスタッフだけが同席し、シャンパンで祝ったという。ディランさんは、昨年12月にストックホルムで行われた授賞式を「先約がある」と欠席していた。

ディランさんは1日夜の公演で、近年発表したフランク・シナトラのカバー曲を中心にピアノやハーモニカを演奏しながら20曲以上を披露。曲の合間も聴衆に話しかけることはせず、文学賞への言及もなかった。1960~70年代のヒット曲「追憶のハイウェイ61」や「ブルーにこんがらがって」の演奏には大きな歓声と拍手がわいていた。

昨年10月に文学賞の受賞が決まる前から計画されていたという1、2両日のストックホルム公演は、ノーベル賞受賞で再び脚光を浴びたこともあり、約3千席のチケットが2日とも発売後すぐに売り切れた。

70年代からの大ファンでコンサートに300回以上通っているという金融業トミー・サンディーンさん(66)は1日の公演後、「確かに年を取って声も粗くなった。ギターも公演では弾かなくなったけれど、常に変化して、同じディランは二度と聴けないのが魅力。ノーベル賞は遅すぎるくらいだよ」と満足そうに話した。

ノーベル財団によると、ディランさんが今後、文学賞の賞金800万クローナ(約1億円)を受けるためには、授賞式から6カ月後の6月10日までに「業績にまつわる講演」を行い、10月1日までに賞金を受け取る手続きをする必要がある。メディア嫌いで知られるディランさんは今後、講演の代わりに「録音」をアカデミーに送付するという。(ストックホルム=渡辺志帆)

情報源:ボブ・ディランさん、ノーベル文学賞のメダル受け取る:朝日新聞デジタル


スウェーデンにあるノーベル文学賞の選考委員会は、去年の文学賞に選ばれたものの授賞式を欠席していた、アメリカのシンガー・ソングライターのボブ・ディランさんに1日、メダルと賞状を手渡したことを明らかにしました。

スウェーデンにあるノーベル文学賞の選考委員会は1日、コンサートを開くために首都ストックホルムを訪れたディランさんに、記念のメダルと賞状を手渡したことを明らかにしました。

選考委員会によりますと、12人の委員が出席した式典は、和やかな雰囲気の中で行われ、ギリシャ神話の女神が奏でる音楽に聞き入る若者の姿があしらわれた文学賞のメダルが手渡されると、ディランさんは長い間、見入っていたということです。

ディランさんは式典を非公開で行うことを希望し、地元のメディアは式典の直後に開いたコンサートでも、ノーベル賞についてはコメントしなかったと伝えています。

およそ1億円のノーベル賞の賞金を受け取るためには、「ノーベルレクチャー」と呼ばれる記念講演を行う必要がありますが、この講演は1日には行われず、選考委員会は、ディランさんが今後、講演を収録し、送ってくる予定だと説明しています。

ディランさんは、アメリカの歌の伝統に新たな詩的表現を導入したと評価されてノーベル文学賞に選ばれましたが、先約があるとして授賞式を欠席したことから、一時は、賞を辞退するのではないかといった臆測も出ていました。

情報源:ディラン氏 ノーベル文学賞のメダル受け取る | NHKニュース


2016年のノーベル文学賞受賞者の米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏は、訪問中のスウェーデンの首都ストックホルムで1日、選考主体のスウェーデン・アカデミーから同賞のメダルと賞状を受け取った。AP通信などが伝えた。

ディラン氏は昨年12月の授賞式を欠席しており、約4カ月遅れの授与となった。一方、直後に開いたコンサートでは無言を貫き、授与をどう受け止めたかを知りたいファンには肩透かしとなった。

AP通信の取材に応じたアカデミー関係者の一人によると、1日午後に市内のホテルに一部の関係者が集まり、授与式を開いた。ディラン氏は「とてもいい人だった」という。地元メディアは、ディラン氏が授与を喜んでいるように見えたとの出席者の話を伝えた。アカデミーは授与の事実を公表していない。

1日夜のコンサートで、ディラン氏は「ロング・アンド・ウェイステッド・イヤーズ」などの曲を約1時間半披露。演奏に徹し、一言も話さなかった。長年のファンの農業ハンス・ゲオルグハウさん(49)は「受賞の感想を聞きたかったが、ノーコメントに驚きはない。いい演奏をすることに集中したのだろう」と話した。

ディラン氏は、昨年10月の授賞発表直後に米国で開いたコンサートでもファンに語り掛けることはなかった。一方、昨年末の授賞式で代読されたスピーチでは「名誉ある賞を光栄に思う」と素直に喜びを表していた。(共同)

情報源:ディラン氏、4カ月遅れでノーベル文学賞メダル授与 – 社会 : 日刊スポーツ


【ストックホルム=共同】2016年のノーベル文学賞受賞者の米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏は、訪問中のスウェーデンの首都ストックホルムで1日、選考主体のスウェーデン・アカデミーから同賞のメダルと賞状を受け取った。AP通信などが伝えた。

ディラン氏は昨年12月の授賞式を欠席しており、約4カ月遅れの授与となった。一方、直後に開いたコンサートでは無言を貫き、授与をどう受け止めたかを知りたいファンには肩透かしとなった。

AP通信の取材に応じたアカデミー関係者の一人によると、1日午後に市内のホテルに一部の関係者が集まり、授与式を開いた。ディラン氏は「とてもいい人だった」という。地元メディアは、ディラン氏が授与を喜んでいるように見えたとの出席者の話を伝えた。アカデミーは授与の事実を公表していない。

1日夜のコンサートで、ディラン氏は「ロング・アンド・ウェイステッド・イヤーズ」などの曲を約1時間半披露。演奏に徹し、一言も話さなかった。長年のファンの農業ハンス・ゲオルグハウさん(49)は「受賞の感想を聞きたかったが、ノーコメントに驚きはない。いい演奏をすることに集中したのだろう」と話した。

ディラン氏は、昨年10月の授賞発表直後に米国で開いたコンサートでもファンに語り掛けることはなかった。一方、昨年末の授賞式で代読されたスピーチでは「名誉ある賞を光栄に思う」と素直に喜びを表していた。

情報源: ボブ・ディラン氏、ノーベル文学賞のメダル受け取る  :日本経済新聞


ほぉ・・・