核兵器禁止条約 次回の交渉で採択目指す | NHKニュース

ふむ・・・


ニューヨークの国連本部で行われていた核兵器を法的に禁止する条約の第1回の交渉が終了し、議長国のコスタリカは、6月から7月にかけて行われる次回の交渉で条約案を採択する方針を示しました。しかし、交渉には核保有国が参加しておらず、世界の核軍縮が前に進むかどうかは、核保有国の今後の出方にかかっています。

核兵器を法的に禁止する条約の交渉はオーストリアなど核兵器を保有しない国が提案し、去年、国連で採択された決議に基づいて第1回の交渉が今週行われ、現地時間の31日終了しました。

交渉には115か国が参加し、議長を務めたコスタリカのホワイト軍縮大使は、核兵器を禁止するための法的枠組みや範囲、手段について生産的で建設的な議論ができたと評価しました。

そのうえで、「次回の交渉期限の7月7日までに条約案を採択することを目指す」と述べ、6月から7月にかけて行われる次回の交渉で条約案を採択する方針を示しました。また、国連は「今回の交渉では核兵器を違法化するための議論が行われた。廃棄プロセスについては今後の交渉に委ねる」とする声明を発表しました。

今回の交渉には、アメリカ、ロシアなどの核保有国をはじめ、唯一の戦争被爆国として核保有国と非保有国の橋渡しの役割を果たしたいとしてきた日本も、核軍縮は段階的に進めるべきだとして参加しておらず、停滞する世界の核軍縮が前に進むかどうかは、核保有国の今後の出方にかかっています。

議長国コスタリカ大使「建設的な議論できた」

今回の交渉で議長を務めたコスタリカのホワイト軍縮大使は「核兵器禁止に向けて非常に建設的な深い議論ができ、よい流れができたと思う」と評価しました。

その一方で、核保有国が交渉に参加せず、条約の実効性が問われていることについては、「交渉に参加している国は、長い目で見て、核保有国やその同盟国も入ってこられるような条約を作ろうとしている」と述べ、将来的には核保有国などの理解も得ながら、核兵器の廃絶を進めたいという考えを示しました。

メキシコ大使「日本の参加を働きかけていく」

交渉で中心的な役割を果たしているメキシコのロモナコ大使は、日本が交渉に参加しなかったことについて、「6月からの交渉に向けて対話を続ける中で参加を働きかけていく」と述べ、日本の参加を求めていく考えを示しました。そのうえで、「会議場の内外の人たちとともに、シンプルで強固な条約がことし中に成立するように引き続き努めていく」と、年内の条約制定への意欲を強調しました。

また、オーストリアのハイノツィ大使は「条約の内容について多くの意見が出され、改めて条約の必要性も強く感じることができた」と、交渉の成果を強調しました。そして、「核兵器の問題を解決するには、核保有国の参加が不可欠だ。核兵器の廃絶に向け、前向きに動き出す国が増えているので、今後、核保有国もこの動きに追随してほしい」と核保有国の交渉参加を呼びかけました。

国際NGO「日本の不参加は驚き」

交渉に参加した国際NGO、ICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンのメンバーでオランダ人のクリスタ・ファン・フェルゼンさんは、日本が交渉に参加しなかったことについて、「唯一の被爆国であり、真っ先に核兵器の被害について訴えなければいけない日本が欠席しているのは驚きだ。日本の不参加は、世界の安全と平和のために核兵器を受け入れてもいいという誤ったメッセージを世界に向けて送ることになってしまう」と話しました。

そして、「日本は交渉に参加し、世界に向けて、『核兵器は必要ない』と訴えなければいけなかったし、それは世界中の人に通じるメッセージのはずだ」と述べ、今後の交渉に日本が参加し、核兵器廃絶のために大きな責任を担うよう求めました。

被爆者「条約できると確信」

交渉の初日に演説を行った日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の事務局次長、藤森俊希さん(73)は、「交渉の中で多くの国が被爆者について言及していて思いは伝わったと思う。これまで人類が進むべき方向を議論してきたので、次回はさらに深まった条約の文書ができると確信できた」と述べました。

一方で、日本が交渉に参加しなかったことについては、「日本政府は核保有国と核兵器を持たない国の間の橋渡しをすると言ってきたが、まさに実行しようというときにみずからその橋を外してしまった」と、改めて批判しました。そして、「今回の議論を受け止めて、堂々と交渉の場に出て発言するようにしてほしい」と述べ、日本政府に対し、今後の交渉に出るよう求めていく考えを示しました。

参加国に折り鶴渡し訴え

5日間の交渉が終わった国連本部の議場では、交渉の中で演説を行った広島の被爆者の藤森俊希さんと傍聴した被爆地・長崎の大学生、それに、国際NGOのメンバーが、交渉に参加した国々の代表に折り鶴を手渡しました。折り鶴には、「平和」や「核兵器禁止」と書かれ、核兵器廃絶への思いが込められています。

大学生の1人は「核保有国も日本も参加しなかった交渉に、諦めずに参加した国々が多くあることに感謝しながら折り鶴を渡しました」と話していました。

情報源: 核兵器禁止条約 次回の交渉で採択目指す | NHKニュース

中国、北朝鮮、ロシア・・・、周辺3か国が核兵器を保有しているわけだが。