ドライブレコーダーに殺害された女児の画像か | NHKニュース

ふむ・・・


先月、千葉県我孫子市で女の子が殺害されているのが見つかった事件で、女の子が行方不明になった朝、自宅周辺を走行する車のドライブレコーダーに、同じくらいの年代の女の子と、近くを歩く人物の姿が一緒に映る画像が複数あったことが、捜査関係者への取材でわかりました。

画像はいずれも不鮮明で、警察は、女の子が連れ去られる前の様子を捉えた画像の可能性もあると見て分析を進めています。

先月26日、千葉県我孫子市北新田の排水路脇の草むらで、松戸市に住む小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が、首を絞められて殺害されているのが見つかり、警察は殺人と死体遺棄の疑いで捜査しています。

これまでの調べで、女の子は自宅の防犯カメラに姿が映ったあと、通学路にある複数の防犯カメラでは姿が確認されておらず、警察は、自宅周辺を走行していた車のドライブレコーダーの画像を集め分析を進めています。

その後の調べで、女の子が行方不明になった先月24日の朝、自宅周辺を走行する車のドライブレコーダーに、被害者と同じぐらいの年代の女の子と、近くを歩く人物の姿が一緒に映る画像が複数あったことが、捜査関係者への取材でわかりました。いずれも画像は不鮮明で、映っている姿も小さいということです。

警察は、女の子が連れ去られる前の様子を捉えた画像の可能性もあると見て、詳しい分析を進めています。

情報源: ドライブレコーダーに殺害された女児の画像か | NHKニュース

高感度対応じゃないとね・・・