韓国 パク前大統領 収賄などの疑いで逮捕

とうとう逮捕・・・


韓国 パク前大統領を逮捕 収賄などの疑いで

韓国の裁判所は31日未明、パク・クネ(朴槿恵)前大統領に対して、収賄などの疑いで検察が請求していた逮捕状を出し、前大統領は逮捕されました。韓国の大統領経験者が逮捕されたのは、22年ぶり3人目です。

パク・クネ容疑者は、最大の財閥サムスングループから、約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いなどで、先週事情聴取を受けていましたが、韓国の検察は「大統領の地位と権限を利用した事件は重大で、証拠隠滅のおそれもある」などとして、ソウルの裁判所に逮捕状を請求しました。

これを受けて裁判所は、30日午前10時半から逮捕状を出すのが妥当かどうかを判断する審査を開始しました。

パク前大統領は、弁護士とともに8時間余りにわたって審査に出席し、この中で、容疑を改めて否認するとともに、証拠隠滅のおそれもないと主張したものと見られます。

このあとパク前大統領は、30日午後7時半ごろ、車で裁判所を出て、同じ敷地内にある検察の建物に移動し、待機していました。

裁判所は、パク前大統領が退席したあとも審査を続けていましたが、31日午前3時すぎ、逮捕状を出し、前大統領は逮捕されました。

ソウル中央地方裁判所は「主要な容疑が認められると考えられ、証拠隠滅のおそれがある。逮捕の必要性や妥当性が認められる」と説明しています。

逮捕されたパク前大統領は、31日午前4時半ごろ、待機していた検察を出て、車でソウル近郊にある拘置所に移送されました。

パク前大統領が乗った車が検察の建物から出てくると、集まった大勢の報道関係者がパク前大統領の表情を撮影しようと、次々とフラッシュをたいていました。

パク前大統領は、後部座席の中央に座り、硬い表情で前を見つめていました。

多くの警察車両に先導されてパク前大統領が乗った車がソウル近郊の拘置所に到着すると、集まったパク前大統領の支持者たちが「大統領」などと大声で叫んでいました。

パク前大統領が検察から拘置所に移送される様子については、韓国の公共放送KBSが特設ニュースを放送し、中継を交えながら詳しく伝えました。

韓国の大統領経験者が逮捕されたのは、1995年のチョン・ドゥファン(全斗煥)、ノ・テウ(盧泰愚)両氏以来、22年ぶり3人目です。

岸田外相「日韓は責任を持って合意を実行すべき」

岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、「韓国の内政の問題で、私の立場から何か申し上げるのは控えなければならないが、韓国は、わが国と戦略的利益を共有する最も大切な隣国だ。日韓関係の安定は、北朝鮮問題などを見ても地域の平和や安定にとって不可欠だ」と述べました。

そのうえで、岸田大臣はパク前大統領の在任中に交わされた慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「日韓両国が約束し、国際的にも高く評価された合意なので、日韓は責任を持って合意を実行していかなければならない。現政権にも、これから誕生するであろう新政権に対しても、引き続き粘り強く合意の履行を求め続けていかなければならない」と述べました。

官房長官「コメント控えるが協力さらに進展を」

菅官房長官は閣議の後の記者会見で、「韓国の内政、司法手続きに関する事項であり、コメントは控えたいが、今後、現政権および大統領選挙後の新政権との間でも、日韓合意を着実に実施するとともに、対北朝鮮政策や安全保障をはじめ、さまざまな分野で日韓協力をさらに進めていきたい」と述べました。

また、菅官房長官は一時帰国させている韓国駐在の長嶺大使らを帰任させる時期について、「全く未定であり、諸般の事情を総合的に検討して判断する思いには全く変わりはない」と述べました。

情報源:韓国 パク前大統領を逮捕 収賄などの疑いで | NHKニュース


【ソウル聯合ニュース】収賄などの容疑で逮捕状が発付された韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が31日未明、ソウル拘置所に収監された。

ソウル拘置所に護送される朴氏=31日、ソウル(聯合ニュース)

韓国で初めて大統領を罷免された朴氏は、拘置所に収監される3人目の大統領経験者となった。

ソウル中央地検で待機していた朴氏は逮捕状発付後、拘置所に護送された。

朴氏は独居房に入るとみられる。

情報源:韓国の朴前大統領 拘置所に収監


【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は31日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を発付した。地裁は朴氏の主な容疑が認められ、逮捕の必要性があるとした。以下は地裁が公開した逮捕状発付の理由。

ソウル中央地裁を出る朴氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

罪名:特定罪加重処罰などに関する法律違反(収賄)など

逮捕状発付:主な容疑が認められ、証拠隠滅の恐れがあり、拘束の理由と必要性、相当性が認められる。

情報源:朴前大統領逮捕 「拘束の必要性認められる」=ソウル地裁


【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は31日未明、検察が請求していた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を発付した。朴氏は直ちに逮捕され、拘置所に収監される3人目の大統領経験者となった。

ソウル中央地裁に出頭する朴氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

過去に軍人出身の全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)の両元大統領が収監されている。

盧氏は1995年11月、大統領在任中の国策事業の発注などを巡り、企業家30人から2359億9600万ウォン(現在のレートで約234億円)の賄賂を受け取った容疑で逮捕され、ソウル拘置所に収監された。大統領経験者が逮捕されるのは初めてだった。

同年12月、検察は過去のクーデターに絡む内乱と内乱目的の殺人容疑で全氏に出頭を求めたが、全氏は応じず故郷に戻った。そのため検察は反乱首謀などの容疑で逮捕状を請求、裁判所が翌日に発付し、全氏はソウル近郊の安養刑務所に収監された。

翌年4月17日、最高裁は全氏に無期懲役、盧氏に懲役17年の有罪判決を言い渡したが、1997年12月22日に特赦で出所した。

情報源:朴槿恵氏逮捕 大統領経験者では3人目=韓国


【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は31日、検察が請求していた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を発付した。韓国で初めて大統領を罷免された朴氏は、逮捕された3人目の大統領経験者となった。

ソウル中央地裁を出る朴氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

同地裁は証拠隠滅などの恐れがあるとする検察側の主張を受け入れた。収賄などの容疑を否認した朴氏の逮捕状を発付したのは、国政介入事件で起訴された親友の崔順実(チェ・スンシル)被告との共犯関係が成立すると判断したためとみられる。

崔被告だけが利益を得ていたとしても、犯行計画の策定、実行段階で共謀関係が成立する場合、法理的に共同正犯である朴氏も法的な責任に問われる。

朴氏は特定犯罪加重処罰法上の収賄や職権乱用権利行使妨害、強要、公務上の秘密漏えいなど13件の容疑が持たれている。これまでに盧泰愚(ノ・テウ)、全斗煥(チョン・ドゥファン)両元大統領も逮捕されているが、容疑は大統領経験者の中でも最も多い。

朴氏は崔被告と共謀し、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(贈賄罪などで起訴済み)に対し、298億2535万ウォン(約29億6000万円、約束分を含めると約430億ウォン)の賄賂を崔被告や崔被告が実質支配した二つの財団、韓国冬季スポーツ英才センターに渡すようにした疑いが持たれている。

53の大企業に対し、朴氏と崔被告が事実上「共同運営」した二つの財団に744億ウォンを拠出するよう強要した容疑もある。

サムスングループの二つの財団への拠出金204億ウォンは賄賂と強要被害額として二重計算されており、朴氏が実際に大企業から賄賂を受け取ったか、拠出を強要したとされる額は計868億ウォン(約束分を含めると1003億ウォン)に上る。

また朴氏は大企業に崔被告が所有する複数の会社に仕事を依頼するよう強要したほか、ロッテグループに対する75億ウォンの追加拠出の強要、崔被告への機密文書47件の提供、朴政権に批判的な文化・芸術家のリストの作成・運営指示、CJグループの李美敬(イ・ミギョン)副会長の辞任強要未遂、崔被告の側近だったイ・サンファ前KEBハナ銀行本部長の昇進口利きなどの容疑にも問われている。

検察は4月19日までの最長20日間、朴氏の身柄を拘束し、起訴に向けて追加捜査を行う。

ただ、4月17日から大統領選の公式選挙運動期間に入ることから、選挙への影響を最小限に抑えるために同日までに朴氏を起訴するとの見方が多い。

朴氏はソウル拘置所に護送され、収容者のための服に着替えて独居房に入る。

ソウル拘置所には約40年前から付き合いがある崔被告も収監されているが、共犯関係にあるため2人の接触は認められない。

情報源:朴前大統領逮捕 収賄などの容疑で=拘置所に収監へ


【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は31日未明、検察が請求していた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を発付した。朴氏は直ちに拘束された。韓国の大統領経験者が逮捕されるのは軍人出身の盧泰愚(ノ・テウ)、全斗煥(チョン・ドゥファン)、両元大統領に次ぎ3人目。

ソウル中央地裁に出頭する朴氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

朴氏は親友の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(贈賄罪などで起訴済み)から約束分を含め約430億ウォン(約42億7000万円)の賄賂を受け取った収賄の疑いなど、13件の容疑が持たれている。

情報源:朴前大統領を逮捕 収賄などの容疑=韓国検察


ソウル拘置所に移送される朴前大統領(31日早朝)
韓国検察は31日早朝、汚職疑惑で罷免された韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)を逮捕した。

ソウル中央地裁は同日未明、収賄、職権乱用、機密流出などの疑いで、前大統領の逮捕状を発布。朴容疑者は、ソウル南の拘置所に車で移送された。

前大統領は、親友のチェ・スンシル被告(60)が政治的便宜供与と引き換えにサムスングループなどから巨額賄賂を受け取るのを支援した疑い。
朴容疑者は、容疑を否認している。

韓国で大統領経験者が退任後に逮捕されたのは、3人目。

30日に検察の逮捕状請求を受けたソウル中央地裁は、9時間にわたる審査の末、「主な容疑に根拠があり、証拠隠滅の恐れがあるため、(朴容疑者の)逮捕は正当で必要だ」と逮捕状発布の理由を説明した。

検察官事務所で待機していた前大統領が黒い乗用車で拘置所に向かう様子は、テレビで生中継された。

AFP通信によると、早朝にもかかわらず国旗を振る支援者約50人が拘置所の門で移送車を出迎え、前大統領の釈放を訴えた。

朴容疑者は正式起訴されるまで最大20日間、勾留される。有罪となれば、10年以上の実刑を受ける可能性がある。

朴前大統領の自宅前に集まった支持者たち

朴前大統領は昨年12月、国会に弾劾されて権限停止となった。今月10日に憲法裁判所に弾劾相当と判断され罷免されたことで、不逮捕特権を失った。

チェ被告は、朴容疑者とのつながりを利用し、自分の非営利団体に巨額資金を寄付するよう複数企業に圧力をかけた疑い。

朴容疑者はこの贈収賄行為に個人的に関与したほか、チェ被告に大統領府の機密文書を流出させるなどした疑い。

韓国大統領代行は、朴容疑者を支持する黄教安(ファン・ギョアン)首相が務めており、5月9日に大統領選が行われる見通し。

(英語記事 Ex-South Korean president Park Geun-hye arrested in corruption probe)

情報源:韓国の朴槿恵前大統領を逮捕 汚職捜査で – BBCニュース


韓国検察が前大統領の朴槿恵(パククネ)容疑者を逮捕した

ソウル(CNN) 韓国・ソウルの検察は31日、大統領を罷免(ひめん)された朴槿恵(パククネ)容疑者を職権乱用や収賄などの容疑で逮捕した。

裁判官は報道陣へのメールで、「重大な犯罪が確認され、容疑者が証拠隠滅を図る恐れがある」と指摘。「裁判所は、容疑者逮捕の必要性と妥当性があると判断した」と発表した。

検察は27日の時点で、職権乱用や収賄、情報漏洩(ろうえい)などの容疑で朴容疑者の逮捕状を請求する意向を示していた。

ソウル中央地検の発表によると、朴容疑者は大統領としての職権や地位を乱用して企業から賄賂を受け取り、企業経営の自由を侵害し、機密情報を漏洩した疑いが持たれている。

朴容疑者は31日、それまで勾留されていたソウル中央地検の拘置施設から、ソウル中央拘置所に移送された。同拘置所には、この事件に関連して逮捕・起訴された朴容疑者の親友の崔順実(チェスンシル)被告や、サムスングループの事実上のトップだった李在鎔(イジェヨン)被告も拘置されている。

検察は20日以内に朴容疑者を起訴するかどうか判断する。

朴容疑者は、国会で可決された弾劾(だんがい)を憲法裁判所が支持する決定を言い渡したことから、10日に大統領を罷免された。

朴容疑者の友人や側近が絡むスキャンダルは昨年浮上し、大規模な抗議運動が広がっていた。5月9日には次期大統領を選ぶ選挙が実施される。

情報源:CNN.co.jp : 韓国の朴槿恵前大統領、収賄などの容疑で逮捕


韓国・ソウルの検察庁から拘置施設に身柄を移される朴槿恵前大統領(中央、2017年3月31日撮影)。(c)AFP/Chung Sung-Jun

【3月31日 AFP】(更新、写真追加)韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領が31日未明、自身の罷免につながった汚職・職権乱用スキャンダルをめぐる収賄などの容疑で逮捕された。

前日30日に長時間に及ぶ審問を行っていたソウル中央地裁(Seoul Central District Court)は、収賄、職権乱用、強要、国家機密漏えいの容疑で朴前大統領に対する逮捕状を出した。同裁判所は声明で、「主な容疑が正当なものであり、証拠隠滅の恐れがあることから、(朴前大統領の)逮捕は正当で必要なものだ」と述べている。

逮捕状の発付は、同国初の女性大統領であった朴容疑者にさらなる不名誉をもたらした。朴容疑者の逮捕は、昨年発覚した汚職スキャンダルを受け、街頭で抗議デモを行ってきた何百万人という国民の主な要求事項でもあった。

朴容疑者の親友で、この汚職疑惑の中心人物である崔順実(チェ・スンシル、Choi Soon-Sil)被告に対する裁判は既に始まっている。崔被告はIT大手サムスン電子(Samsung Electronics)をはじめとする国内のトップ企業に対し、非営利財団への巨額の「寄付」を強要し、そこから私利を得ていたとされる。

アジア第4位の経済国である韓国では、長年にわたり政界と大手企業の癒着が続いており、大統領経験者が腐敗容疑で逮捕されたのは朴容疑者で3人目。(c)AFP

情報源:朴前大統領を逮捕、収賄などの疑い 韓国 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News


韓国 パク前大統領 収賄などの疑いで逮捕へ

韓国の裁判所は31日未明、パク・クネ(朴槿恵)前大統領に対して、検察が収賄などの疑いで請求していた逮捕状を出し、前大統領はまもなく逮捕される見通しです。韓国の大統領経験者が逮捕されるのは、22年ぶり3人目となります。

パク・クネ容疑者は、最大の財閥サムスングループから約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いなどで、先週事情聴取を受け、韓国の検察は「大統領の地位と権限を利用した事件は重大で、証拠隠滅のおそれもある」などとして、ソウルの裁判所に逮捕状を請求しました。

これを受けて裁判所は、30日午前10時半から逮捕状を出すのが妥当かどうかを判断する審査を開始しました。
パク前大統領は、弁護士とともに8時間余りにわたって審査に出席し、この中で容疑を改めて否認するとともに、証拠隠滅のおそれもないと主張したものと見られます。

このあとパク前大統領は、30日午後7時半ごろ、車で裁判所を出て、同じ敷地内にある検察の建物に移動し、待機していました。

裁判所は、パク前大統領が退席したあとも審査を続けていましたが、31日午前3時すぎ、逮捕状を出し、前大統領はまもなく逮捕される見通しです。

逮捕状を出したことについて、ソウル中央地方裁判所は「主要な容疑が認められると考えられ、証拠隠滅のおそれがある。逮捕の必要性や妥当性が認められる」と説明しています。

韓国の大統領経験者が逮捕されるのは、1995年のチョン・ドゥファン(全斗煥)、ノ・テウ(盧泰愚)両氏以来、22年ぶり3人目となります。

情報源: 韓国 パク前大統領 収賄などの疑いで逮捕へ | NHKニュース


韓国では大統領は逮捕→自殺がセットなのかね。