雪崩8人死亡 急きょラッセル訓練決め30分後に実施 | NHKニュース

指導者が馬鹿。


27日、栃木県那須町のスキー場付近で登山の講習中の高校生と教員48人が雪崩に巻き込まれ、生徒ら8人が死亡した事故で、当日の朝、雪が強かったため引率の教員が話し合って登山を中止したものの、「雪をかき分けて進むラッセルの訓練程度なら問題ない」として、急きょラッセルの訓練を行うことを決め、30分後に実施していたことが、県などの関係者への取材でわかりました。警察は、こうした判断に問題がなかったか調べることにしています。

27日午前8時半ごろ、栃木県那須町にあるスキー場の付近で、登山の講習を受けていた県内の7つの高校の山岳部の生徒や教員合わせて48人が雪崩に巻き込まれ、県立大田原高校の生徒と教員の合わせて8人が死亡し、生徒ら40人がけがをしました。

県の教育委員会などによりますと、この講習会は栃木県高校体育連盟の主催で、この日は登山が予定されていましたが、雪が強かったため、午前6時前に引率の教員らが中止を決めました。その代わりとして、雪をかき分けて進むラッセルの訓練を行うことを午前7時半に決め、その30分後には訓練を始めたということです。

この予定の変更は、県の高体連登山部の幹部で引率していた教員が話し合って、「ラッセルの訓練程度なら問題ない」として、急きょ決めていたことが県などの関係者への取材でわかりました。予定の変更について高体連には連絡はなかったということです。

講習会に参加し、雪崩に巻き込まれた生徒の1人は「こんなに多くの積雪の中で訓練をすることに不安は大きかった。積雪がひどかったので慎重に状況を見極め、講習を中止してほしかった」と話していました。

警察は、登山を中止したものの、ラッセルの訓練を行った判断に問題はなかったのかや、現場の安全を十分確認できていたのかなどを調べることにしています。

情報源: 雪崩8人死亡 急きょラッセル訓練決め30分後に実施 | NHKニュース

まったくもって、準備不足としか言いようがない。