iPS細胞で「他家移植」世界初の手術実施 | NHKニュース

ほぉ・・・


他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞を使って、重い目の病気の患者を治療する他家移植と呼ばれるタイプの世界初の手術を、理化学研究所などのチームが28日に実施したと発表しました。成功すれば、1人当たり1億円と言われるiPS細胞を使った治療のコストを、10分の1程度にできると見られていて、将来の再生医療の普及につながると期待されます。

世界初となるiPS細胞の他家移植の手術を行ったのは、神戸市にある理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーと、神戸市立医療センター中央市民病院、それに、大阪大学と京都大学のチームです。

手術を受けたのは、加齢黄斑変性という重い目の病気の60代の男性で、これまでの治療では、症状の悪化が抑えられなくなっていました。

手術は、28日中央市民病院で行われ、京都大学の山中伸弥教授らが作った、拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞から目の網膜の組織を作り出し、注射器を使って、男性の目に移植しました。手術は、1時間ほどで無事終了したということです。

今回使われたiPS細胞は、特殊な免疫のタイプを持つ人から京都大学が作り出し、凍結保存しているもので、拒絶反応を起こしにくいうえ、解凍して培養すれば、ほぼ無限に増やせます。

このため、同様の症状に苦しむ多くの患者に使う事が可能で、3年前の患者本人のiPS細胞を使った自家移植の際には、費用がおよそ1億円かかったのに比べ、10分の1程度にまで抑えられると期待されています。

今回の手術は、iPS細胞を使った他家移植の安全性や効果を確認する臨床研究の一部で、拒絶反応が起きにくい他人のiPS細胞を使った他家移植の実施は世界で初めてです。

チームは、患者5人を目標に同様の手術を行い、細胞のがん化や拒絶反応が起こらないかなどを慎重に確認することにしていて、成功すれば再生医療の普及につながると期待されています。

実用的な治療への重要なステップ

研究チームによりますと、手術は28日午後2時前に始まり、およそ1時間ほどで終了したということです。

午後6時から開かれた会見で、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーは「手術のあとの拒絶反応があるかなどが大事なので、手術が終わっただけで成功したとはまだ言えないが、きょうの手術は今後、実用的な『治療』にしていくための重要なステップとなる。今後5人程度に同様の臨床研究を行い、その結果を慎重に見ていきたい」と話しました。

また執刀した中央市民病院の栗本康夫眼科部長は「ここまで多くの人の努力で手術にこぎ着けてきたので、手術が上手くいってほっとしています」と話しました。

患者団体 治療広く受けられる日 1日も早く

世界初となる今回の他家移植の実施について、関西黄斑変性友の会の代表世話人の高田忍さんは「病気の症状が進み、高額な注射による治療を続けている人ほど、iPS細胞による治療に期待している。医療現場で広く受けられるようになる日が1日も早く来てほしいです」と話していました。

拒絶反応おきにくいiPS細胞をストック

iPS細胞ストックは、京都大学が4年前から進めているプロジェクトです。

日本人の中にごくわずかにいる、特殊なタイプの免疫を持つ人の細胞から、他人に移植しても拒絶反応をおこしにくいiPS細胞を作りだし、患者が必要な時にいつでも使えるよう保存しています。
患者自身の細胞で一から作製する場合に比べ、移植までの待機期間や治療コストを数分の1に抑えることができます。

現在保管されているiPS細胞は、日本人のおよそ17%に移植できるということで、京都大学は今後、iPS細胞の種類を増やし、日本人の大半をカバーできるようにする計画です。

一方で、このiPS細胞ストックをめぐっては、ことし1月、保管していたiPS細胞の1つに作製過程での管理のミスが見つかり、この細胞の研究機関への提供を停止しました。

今回の手術で使われたiPS細胞には問題はありませんでしたが、ほかの臨床研究の中には、1年から1年半程度遅れるなどの影響が出ています。

これを受けて京都大学は、滋賀県草津市の医薬品メーカー、タカラバイオとiPS細胞の品質管理について共同研究を開始しました。
この会社は、患者に投与するための細胞の管理で豊富な経験を持っていて、京都大学はノウハウを持つ企業と連携することで、さらに徹底した管理体制を構築することにしています。

情報源: iPS細胞で「他家移植」世界初の手術実施 | NHKニュース

上手く行くかな・・・