医師「暴力団側から150万円分」収監逃れの見返りか | NHKニュース

韓国籍なら仕方ない。


京都市にある民間の病院の医師らが、実刑判決を受けた暴力団幹部の健康状態について、虚偽の報告書を作ったとして逮捕された事件で、医師が、逮捕前の事情聴取に対し「暴力団側から少なくとも150万円分の現金や商品券を受け取った」と話したことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、刑務所への収監を逃れようとした暴力団側からの見返りだったと見て調べています。

京都市にある民間の総合病院、武田病院の医師で、韓国籍の全栄和容疑者(61)ら3人は、恐喝事件で懲役8年の判決が確定した山口組系の暴力団幹部、高山義友希受刑者(60)の健康状態について、「重い不整脈のため収監に耐えられない」と虚偽の報告書を作って検察に提出したとして、27日、虚偽診断書作成などの疑いで逮捕されました。

捜査関係者によりますと、全医師は逮捕前の事情聴取に対し、「暴力団側から現金や商品券少なくとも150万円分を受け取った」と話したということです。

警察は、刑務所への収監を逃れようとした暴力団側からの見返りだったと見て、詳しいいきさつを調べています。

高山受刑者については、京都府立医科大学附属病院の医師らも虚偽の報告書を作った疑いがあるとして、警察が病院などを捜索した一方、病院側は関与を否定しています。

病院側が謝罪のコメント

医師と元職員が虚偽診断書作成などの疑いで逮捕されたことを受けて、武田病院グループの宝輪克博管理担当部長が、28日午前記者会見し、「医療に対する不信を招き、深くお詫び申し上げます。今後も警察の捜査に全面的に協力して、事実関係が明らかになりしだい厳正に対処するとともに、信頼回復に全力で取り組んで参ります」という病院のコメントを発表しました。

そのうえで、「医師は病院の調査に対して、虚偽の記載などしていないと説明しており、専門医として正しい診断をしたと信じている」と述べました。

また、逮捕された医師や元職員と暴力団との間で、金品の受け渡しがあったかについては、「病院として確認できていない。2人が暴力団とつながりがあったという認識もない」としています。

情報源: 医師「暴力団側から150万円分」収監逃れの見返りか | NHKニュース

本国に強制送還で。
病院のHPでは、「Eiwa zen」となっているな。
映像内では「チョン・ヨンファ」ってなってるけど。

医師検索ページで、診療科を「不整脈科」にして検索すると出てくる。

医師検索|康生会 武田病院|武田病院グループ

役職 不整脈治療センター所長
医師名 全 栄和 / Eiwa Zen
診療科目 不整脈科
病院/施設名 康生会 武田病院