女児死亡 ランドセルとよく似た衣服 茨城で発見 | NHKニュース

ふむ・・・


26日に千葉県我孫子市で小学生の女の子が遺体で見つかった事件で、警察によりますと、女の子のランドセルが茨城県の河川敷で見つかりました。また、女の子が行方不明になった当日に身につけていたものとよく似た衣服も近くで見つかり、警察は、周辺で不審な人物が目撃されていないか調べています。

26日の朝早く、千葉県我孫子市北新田の排水路脇の草むらで、松戸市に住む小学3年生で、ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が遺体で見つかり、警察は、首に絞められたあとがあったことから、殺人と死体遺棄の疑いで捜査しています。

これまでの調べで、遺体が見つかった現場では、女の子の衣服や靴、それにランドセルは見つかっていませんでしたが、警察によりますと、このうちランドセルは、27日に茨城県坂東市の利根川の河川敷で見つかり、28日に父親が女の子のものと確認したということです。

さらに、28日に警察が付近を捜索したところ、およそ500メートル離れた場所で、女の子が行方不明になった当日、身につけていたものの一部とよく似た衣服が、見つかったということです。

警察は、女の子の衣服と見て確認を進めるとともに、周辺で不審な人物や不審な車両が目撃されていないか調べています。

女の子のランドセルや衣服が見つかった河川敷は草木が生い茂り、人目につきにくい場所が多くあるということです。

千葉県松戸市の女の子の自宅からは、北側におよそ25キロ離れているほか、遺体が見つかった我孫子市の現場からは北西におよそ20キロ離れています。

近くに住む人によりますと、付近はふだんから人通りが少なく、街灯などの明かりもないということです。

情報源: 女児死亡 ランドセルとよく似た衣服 茨城で発見 | NHKニュース

早く犯人が捕まるといいな・・・