雪崩に巻き込まれた高校生のうち3人死亡確認

あらら・・・


栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で27日に発生した雪崩で、那須赤十字病院は、病院に搬送された男子生徒3人の死亡を確認した。

情報源:【栃木スキー場雪崩】男子生徒3人の死亡を確認 – 産経ニュース


27日午前、栃木県那須町にあるスキー場付近で雪崩が起きて登山の講習中の高校生と教員が巻き込まれ、男子生徒と男性教員の合わせて8人が心肺停止の状態になっていましたが、このうち生徒3人の死亡が確認されました。このほか、生徒ら合わせて40人がけがをしていて、警察と消防は、雪崩が起きた当時の状況を調べています。

27日午前8時半ごろ、栃木県那須町にある「那須温泉ファミリースキー場」の付近で雪崩が起き、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員が巻き込まれました。

県の災害警戒本部によりますと、雪崩が起きたのは、標高1300メートル付近で、県立大田原高校の男子生徒7人と男性教員1人の合わせて8人が心肺停止の状態になっていましたが、警察によりますと、このうち男子生徒3人の死亡が確認されました。

那須赤十字病院によりますと、16歳の男子生徒2人と17歳の男子生徒1人だということです。残る5人は心肺停止の状態となっています。

このほか、生徒と教員合わせて40人がけがをしていて、このうち生徒2人はけがの程度が重いということです。

警察や消防は、雪崩が起きた当時の状況を調べています。

県の教育委員会によりますと、今回の登山の講習は、25日から27日までの3日間、県内の7つの高校の山岳部の生徒と教員合わせて62人が参加して行われていました。

しかし、27日の講習は、悪天候のため登山を中止し、スキー場の付近で48人が参加して、深い雪をかきわけて進む「ラッセル」の訓練を行っていたということです。

那須高原に設置している観測点では、27日未明から雪が積もり始め、午前9時の積雪は33センチとなっていて、気象庁は、那須町などに大雪や雪崩の注意報を発表して注意を呼びかけていました。

情報源: 雪崩に巻き込まれた高校生のうち3人死亡確認 | NHKニュース


ご冥福をお祈りいたします。

雪崩に巻き込まれた高校生ら8人の死亡確認