朴前大統領の逮捕状請求へ 収賄容疑など=韓国検察

ふむ・・・


【ソウル=桜井紀雄】韓国検察は27日、罷免された朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)に対する収賄容疑などでの逮捕状を請求したと発表した。29日にも裁判所が逮捕状発付の可否を審査する見通し。朴氏は21日に行われた取り調べで、容疑を全面的に否認。検察は「証拠隠滅の恐れがある」と判断し、請求に踏み切ったとしている。

ソウル中央地検で行われた取り調べは、22日早朝にかけ、調書の確認も含め、21時間半に及んだ。

朴氏は、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告側に対する最大財閥、サムスングループからの支援に絡む約433億ウォン(約43億円)の収賄に加え、崔被告が実質支配した財団への計約774億ウォンの出資を企業に強要した職権乱用、大統領府秘書官を通じて機密文書を崔被告に渡した公務上機密漏洩(ろうえい)など計13件の容疑が持たれている。

贈賄側とされるサムスン経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)被告は、政府から独立した特別検察官(特検)によって既に逮捕・起訴されている。

21日に地検に出頭した際、朴氏は「国民の皆さまに申し訳なく思う。誠実に聴取に臨む」と述べた。朴氏をめぐっては憲法裁判所が10日、罷免を決定。朴氏は不訴追特権を失い、大統領府からソウル市江南(カンナム)区の自宅に移っていた。12日には、親朴派議員を通じて「真実は必ず明らかになると信じている」と疑惑を認めない立場を明らかにしていた。

情報源:【朴政権崩壊】検察、朴槿恵氏の逮捕状を請求 裁判所は29日にも判断(1/2ページ) – 産経ニュース


【ソウル支局】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領を収賄容疑などで捜査している検察は27日、朴氏の逮捕状を請求した。

朴氏は親友の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、韓国最大の企業グループであるサムスングループから賄賂を受け取った疑いなど、少なくとも13の容疑が持たれ、朴氏は否認している。

情報源:韓国検察、朴槿恵氏の逮捕状を請求 – 産経ニュース


韓国の検察は長年の知人らをめぐる一連の事件で事情聴取を行ったパク・クネ(朴槿恵)前大統領について、「強大な大統領の地位と権限を利用した事件は極めて重大で、証拠を隠滅するおそれもある」などとして、27日午前、裁判所に逮捕状を請求しました。今後、裁判所が逮捕状を出すかどうか判断することになります。

韓国のパク・クネ前大統領は、今月10日に憲法裁判所の決定によって罷免されて、刑事訴追されない特権がなくなり、検察は一連の事件をめぐり、今月21日から翌日にかけて、休憩を挟みながら21時間以上にわたり事情聴取を行いました。

検察は、パク氏が長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告と共謀して、最大の財閥サムスングループから、約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取った収賄の疑いや、チェ被告が深く関わる2つの財団に資金を拠出するよう、企業に圧力をかけた職権乱用と強要の疑いなど、合わせて13の容疑について事情聴取したということです。

そして韓国の検察は27日午前、パク氏の逮捕状を請求したことを明らかにしました。検察は逮捕状を請求した理由について「強大な大統領の地位と権限を利用した事件は極めて重大だ」などと指摘しました。

そのうえで「パク氏は大部分の容疑を否認していて、今後、証拠を隠滅するおそれがある。共犯や賄賂を渡した者が逮捕されていることから、逮捕状を請求しなければ公平性に反する」と説明しました。

今後は裁判所が逮捕状を出すかどうか判断することになります。

情報源:パク前大統領の逮捕状を請求 韓国検察 | NHKニュース


朴前大統領=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国の検察特別捜査本部は27日、収賄や職権乱用などの容疑が持たれている朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を請求する方針だと発表した。

朴氏の容疑は収賄、職権乱用権利行使妨害、強要、公務上の秘密漏えいなど13件に上る。

情報源:朴前大統領の逮捕状請求へ 収賄容疑など=韓国検察


どうなるのかな・・・