遺体はベトナム国籍の9歳女児 殺人と死体遺棄容疑で捜査

ベトナム国籍・・・?


26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田の排水路脇の草むらで、衣服を身に着けていない状態の女児が倒れているのを魚釣りに来た男性会社員(49)が発見し、県警我孫子署に通報した。駆けつけた警察官がその場で死亡を確認。遺体や現場の状況から、県警は殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置した。

遺体で見つかったのは、松戸市六実(むつみ)の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)。捜査本部によると、リンさんは、橋の下の土手に体の左側を下にして倒れていた。目立った外傷はなかったが、衣服や靴は身につけておらず、近くで持ち物なども見つかっていない。

リンさんは24日午前8時ごろに小学校の終業式に出席するために自宅を出たものの学校に来なかったため、連絡を受けた保護者が警察に届け出ていた。

捜査本部は何者かがリンさんを殺害し、死体を遺棄したとみている。関係者によると、24日夕方ごろ、リンさんと似た女児が自宅から3キロ離れた松戸市内の公園で遊んでいる様子が目撃されているという。

遺体発見現場は利根川のすぐ近くで、JR取手駅から南東に約2キロの田んぼが広がる地帯。

情報源:【千葉・女児全裸遺棄】遺体は不明のベトナム籍9歳女児…県警確認、捜査本部を設置 – 産経ニュース


26日朝早く、千葉県我孫子市の排水路の脇で、女の子が衣服を身につけていない状態で死亡しているのが見つかり、警察が調べたところ、24日から行方がわからなくなっていた松戸市の小学3年生で9歳のベトナム国籍の女の子と確認されました。女の子の首には絞められたような痕があり、警察は殺人と死体遺棄の疑いで捜査しています。

26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田の水田や畑の中にある排水路脇の草むらで、女の子が倒れているのを近くで釣りをしていた男性が見つけ、警察に通報しました。

女の子はすでに死亡していて、警察が調べたところ、千葉県松戸市六実の小学3年生で、ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)とわかりました。警察のこれまでの調べで、遺体には首に絞められたような痕があり、衣服や靴は身につけておらず、所持品も見つかっていないということです。

警察によりますと、リンさんの自宅と遺体が見つかった現場とはおよそ10キロ離れていて、リンさんは24日の朝、自宅を出たあと学校に登校しておらず、行方がわからなくなっていたということです。

リンさんは、ピンク色のズボンをはき、赤いランドセルを背負っていて、黄色の学童帽子をかぶっていたということです。

警察は遺体や現場の状況などから、殺人と死体遺棄の疑いで捜査するとともに、死因などを詳しく調べています。

自宅や学校から10キロ離れた場所で発見

遺体が見つかった我孫子市北新田の現場は、松戸市にあるリンさんの自宅や通っていた小学校から、北の方角に10キロ余り離れています。
リンさんは24日の午前8時ごろ自宅を出て、600メートルほど離れた学校に向かったと見られますが、登校しておらず、行方がわからなくなっていました。

自宅や学校と現場との間にはJR常磐線や国道が通っていて、高校や大学などが点在しているほか、住宅地も広がっています。

リンさんの同級生「悲しいし怖い」

リンさんと同級生の小学3年生の9歳の女の子は「リンちゃんは転校してきたけど一緒によく遊んでいました。明るくて元気な子でした。事件に巻き込まれたと聞いて悲しいし、怖いです」と話していました。

また、この女の子の母親は「リンちゃんと娘が同級生だったので学校で何度も見かけました。娘からはまじめな子だと聞いていました。4月から4年生になるはずだったのに、行方不明になってみんなで探していました。こんな最悪の結果になってショックです」と話していました。

母親か フェイスブックにベトナム語で「つらい」

リンさんの母親と見られる人物のフェイスブックには、リンさんの行方がわからなくなっていた25日午前11時すぎに、母親と見られる書き込みがありました。

それによりますと、ベトナム語で

「娘よ、どこにいるの。
家に帰っておいで。
お母さんはつらい。
きのうからずっと。
家に帰っておいで。
お母さんは
誰に言えばいいのか。
つらいよ」

と、つづられています。

情報源: 遺体はベトナム国籍の9歳女児 殺人と死体遺棄容疑で捜査 | NHKニュース


ふむ・・・