アート引越センター 受注件数抑制へ

ふむ・・・


受注件数を抑制し、労働環境を改善する。

「アート引越センター」を運営するアートコーポレーションは、引っ越しシーズンのピークとなる、3月下旬から4月上旬の受注件数を、前の年の8割程度に減らすことを明らかにした。

繁忙期は、長時間労働になる傾向にあり、受注件数を抑えることで、社員の負担を軽減する。

繁忙期の受注抑制は初めてで、2018年春も、この取り組みを続ける方針。

宅配大手のヤマト運輸も、サービスの見直しを進めていて、運輸業界に労働環境を改善する動きが広がっている。

情報源: アート引越センター 受注件数抑制へ

へぇ・・・