名大の元女子学生に無期懲役判決 知人殺害事件など

ふむ・・・


起訴内容について認否を答える名古屋大の元女子学生(イラスト・田村角)

名古屋大在学中の平成26年に名古屋市で高齢女性を殺害し、高校生当時には仙台市で同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませるなどしたとして、殺人や殺人未遂など七つの罪に問われた元女子学生(21)の裁判員裁判判決で、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は24日、完全責任能力があったと判断し、求刑通り無期懲役を言い渡した。

山田裁判長は判決理由で、高齢女性殺害など一連の事件でおおむね合理的な行動を取っており、自らの意思で犯行に踏み切っていたと指摘し「完全責任能力があった」と認定。劇物投与事件の殺意については「中毒で死亡する可能性を認識しており、弱い殺意が認められる」と判断した。

検察側は「発達障害が動機の形成に影響したが、犯行時に双極性障害(そううつ病)のそう状態の程度は軽かった」と強調。弁護側は「発達障害にそう状態が加わり、善悪の判断が機能停止し行動が制御できなかった」と無罪主張し「検察官送致(逆送)にした家裁決定は少年法の理念を無視しており違法」として公訴棄却も求めていた。

判決によると、19歳だった26年12月、名古屋市の自宅アパートで無職、森外茂子さん=当時(77)=を殺害、24年5~7月、仙台市で同級生ら男女2人に飲み物に混ぜたタリウムを飲ませ、殺害しようとした。また仙台市の住宅に火を付け住人を殺害しようとした。

情報源:【名古屋大元女子大生殺人】求刑通り無期懲役判決、完全責任能力を認定 – 産経WEST


女子学生が1人で住んでいた現場のアパート付近を調べる捜査員=名古屋市昭和区で2015年1月27日、大竹禎之撮影

女子学生が1人で住んでいた現場のアパート付近を調べる捜査員=名古屋市昭和区で2015年1月27日、大竹禎之撮影大学1年時に名古屋市で知人の森外茂子さん(当時77歳)を殺害し、高校2年時に仙台市で中学時代や高校の同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人、殺人未遂罪などに問われた元名古屋大学生の女(21)=事件当時16~19歳=の裁判員裁判で、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は24日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。山田裁判長は判決理由から朗読して主文を後回しにした。弁護側は事件時に心神喪失だったとして無罪を主張していた。

21回の公判を重ねた裁判員裁判は責任能力の有無が最大の争点になった。元学生の精神鑑定は3人の医師が計4回行い、見解が分かれた。元学生に発達障害や双極性障害(そううつ病)があったことに争いはないものの、障害の程度や事件への影響で検察側と弁護側の主張が対立した。

検察側は障害が事件に及ぼした影響は限定的で完全責任能力があったと主張した。

検察側は広汎(こうはん)性発達障害などがあったと認めつつ、事件に及ぼした影響は限定的と指摘した。「身勝手極まりなく犯罪性は根深い。更生は極めて困難」とした。

これに対し弁護側は「発達障害で人の死に興味が集中していたのに加え双極性障害(そううつ病)のそう状態で善悪の判断も行動の制御もできなかった」と心神喪失を主張した。無罪として長期の治療、教育ができる環境での処遇を求めた。

硫酸タリウム混入事件の殺意の有無も争われ、検察側は「死んでも構わないと思っていた」、弁護側は「死ぬ可能性は念頭になかった」と主張していた。

元学生は結審に当たり「この裁判で初めて被害者、家族、遺族の気持ちを知ることができた。今でも人を殺したい気持ちが湧き上がってきて不安になることはあるが、克服したい」と述べていた。【金寿英】

情報源:元名大生事件:21歳女に無期懲役 名古屋地裁 – 毎日新聞


名古屋市で知人女性を殺害、仙台市で高校の同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして、殺人や殺人未遂罪などに問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判の判決が24日、名古屋地裁であり、山田耕司裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。

事件当時未成年で、発達障害やそううつ病があったとされる元学生の刑事責任能力が最大の争点だった。

検察側は「被告の精神障害の影響は限定的で、完全責任能力があった」と主張。弁護側は「障害は重度で行動をコントロールできなかった」と心神喪失を訴え、起訴された全事件で無罪を求めていた。

起訴状によると、元学生は仙台市の高校に通っていた2012年5~7月、同学年の生徒2人の飲み物に硫酸タリウムを混ぜて飲ませ、傷害を負わせたほか、名大1年だった14年12月に名古屋市のアパート自室で、知人の森外茂子さん=当時(77)=を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害したなどとされる。(2017/03/24-15:38)

情報源:元名大生に無期懲役=女性殺害、タリウム投与-名古屋地裁:時事ドットコム


知人女性殺害や同級生への劇物投与事件で、殺人や殺人未遂の罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判の判決で、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は24日、求刑通り無期懲役を言い渡した。

元女子学生の事件当時の責任能力の有無が最大の争点。検察側は「精神面の障害の影響は限定的で、完全責任能力があった」と主張。これに対し、弁護側は重篤な精神障害を理由に無罪を主張していた。

起訴状などによると、元女子学生は2014年12月、名古屋市の自宅アパートで知人女性(当時77)の頭を殴り、マフラーで首を絞めるなどして殺害。高校在学当時の12年、同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとしたなどとされる。

情報源:元名大女子学生に無期判決 女性殺害や劇物投与事件  :日本経済新聞


3年前、名古屋市で77歳の女性を殺害した罪や仙台市で高校と中学時代の同級生2人に飲み物に混入した劇物のタリウムを飲ませて殺害しようとした罪などに問われた21歳の元女子大学生に、名古屋地方裁判所は、検察の求刑どおり無期懲役を言い渡しました。これまでの裁判で、元女子大学生の弁護士は「精神障害などの影響で、責任能力はなかった」として無罪を主張していました。

情報源:女性殺害・同級生にタリウム 元女子大学生に無期懲役 | NHKニュース


知人女性を殺害し、同級生に劇物の硫酸タリウムを飲ませて殺害しようとしたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判で、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は24日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

元女子学生に発達障害と双極性障害(そううつ病)があったとの点に争いはなかったが、検察側は、事件はいずれも計画的で、元女子学生は違法性を認識していたとして、「障害の影響は限定的で、責任能力はある」と主張。一方、弁護側は「『人が死んでいく過程を観察したい』」などの動機は、通常の感覚では理解不能」と強調したうえで、犯行時は心神喪失状態だったとして無罪を主張した。また、検察官送致(逆送)とした名古屋家裁の決定は違法だとして、公訴棄却も求めていた。

情報源:元名大女子学生に無期懲役判決…知人女性を殺害 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


名古屋大学の元女子学生(21)に無期懲役。知人殺害事件などで判決。名古屋地裁。

情報源:名大の元女子学生に無期懲役判決 知人殺害事件など


無期懲役か・・・