WBC準決勝 菊池のホームランで日本同点に | NHKニュース

6回裏、菊池の本塁打で同点。


野球のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックの日本対アメリカの準決勝は、6回に日本が1対1の同点に追いつきました。

日本の先発の菅野智之投手は4回にアメリカの6番・マカッチェン選手にタイムリーヒットを打たれ、1点を先制されました。

打線は、アメリカの先発、ロアーク投手の前にチャンスを作れず、4回までヒット2本に抑えられ得点を奪えませんでした。

しかし6回、2番の菊池涼介選手が2人目のネイト・ジョーンズ投手からライトにソロホームランを打って1対1の同点に追いつきました。

情報源: WBC準決勝 菊池のホームランで日本同点に | NHKニュース

ふむ・・・、汚名返上。