侍ジャパンまた準決勝で涙…米国に1点差惜敗、世界一奪回ならず

うーん・・・、残念。


野球のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックは、アメリカ・ロサンゼルスで日本対アメリカの準決勝が行われ、日本は1対2で敗れました。日本は2大会連続で準決勝敗退です。

情報源:WBC準決勝 日本は1対2で敗れる 2大会連続で準決勝敗退 | NHKニュース


試合前、整列する日本の選手たち=川村直子撮影

(21日、WBC準決勝 米国2―1日本)

野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで日本(E組1位)と米国(F組2位)の準決勝があり、日本は1―2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退となった。息詰まった投手戦となったが、八回に守りのミスもあって取られた1点が重かった。

【一回表】米0―0日

日本の先発は菅野。米国先頭のキンスラーは右飛。2番のA・ジョーンズは一塁後方に飛球を上げ、中田が客席に飛び込みながら好捕。続くイエリチは空振り三振。菅野が立ち上がりを三者凡退に抑えた。

【一回裏】米0―0日

日本は先頭の山田が死球で出塁。2番・菊池が犠打で送り、3番・青木の二ゴロで2死三塁のチャンスに。続く4番・筒香は左翼方向に強い打球を放ったが、左飛に倒れて日本は無得点に終わった。

【二回表】米0―0日

米国は4番・アレナードが空振り三振。ホズマーが三ゴロ、マカチェンが遊ゴロに倒れて三者凡退。

【二回裏】米0―0日

日本は5番・中田が空振り三振。6番・坂本勇がチーム初安打となる内野安打で出塁したが、続く松田の三ゴロが併殺打となり攻撃終了。

【三回表】米0―0日

米国は7番・ポージーが左前安打で出塁。続くスタントンの打球は三遊間へ。松田が横っ飛びで好捕し、併殺が成立したかに見えた。だが、リプレー検証の結果、二塁の菊池の足がベースから離れていたと判定され、1死二塁で再開。9番・クロフォードの二ゴロで2死三塁となったが、キンスラーは三ゴロ。菅野がピンチをしのいだ。

【三回裏】米0―0日

日本は8番・秋山が投手ライナー。続く小林は左前安打で出塁。山田の遊ゴロで2死一塁。2番・菊池の初球で山田が二盗を成功させたが、菊池は三ゴロに倒れて無得点。

【四回表】米1―0日

米国が先制。先頭のA・ジョーンズは空振り三振。続く3番・イエリチのゴロを二塁の菊池が後逸し、イエリチは一気に二塁へ。4番・アレナードは空振り三振に倒れたが、ホズマーは四球で2死一、二塁に。ここで、6番・マカチェンが左前安打。二塁からイエリチが本塁にかえり、米国が1点を先行した。続くポージーは遊飛で攻撃終了。

【四回裏】米1―0日

日本は青木が二ゴロ。筒香は四球を選んだが、後続の中田と坂本勇がともに右飛に倒れた。

【五回表】米1―0日

先頭のスタントンは空振り三振。クロフォードは投ゴロ。キンスラーは右飛に倒れた。

【五回裏】米1―0日

米国は2番手のN・ジョーンズがマウンドへ。日本は先頭の松田が一ゴロ。一度はセーフの判定も、この試合5度目のリプレー検証でアウトになった。続く小林は見逃し三振で攻撃終了。

【六回表】米1―0日

米国は先頭のA・ジョーンズが左前安打。直後の二盗を、捕手の小林が好送球で刺した。続くイエリチは一ゴロ、アレナードは三球三振で攻撃終了。菅野はこの回9球で米国を抑えた。

【六回裏】米1―1日

日本が菊池の本塁打で同点に追いついた。先頭の山田は空振り三振に倒れたが、続く2番・菊池が右越えにソロ本塁打。米国は3番手のミラーに交代。続く青木は四球で出塁したが、筒香は空振り三振、中田は二飛に倒れ、この回は1点で攻撃を終えた。

【七回表】米1―1日

日本は2番手の千賀が登板。米国は5番からの好打順だったが、ホズマー、マカチェン、ポージーが三者連続三振。千賀が好投を見せた。

【七回裏】米1―1日

米国は4番手のダイソンが登板。坂本勇は遊ゴロ、松田は三ゴロ、秋山は二ゴロの三者凡退で攻撃終了。

【八回表】米2―1日

米国が勝ち越し。先頭のスタントンは空振り三振。続くクロフォードが右前安打で出塁すると、キンスラーが左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、1死二、三塁。ここで2番・A・ジョーンズの打球は三塁正面のゴロになったが、松田が打球をはじいた間に三塁走者が生還。米国が1点を勝ち越した。なお2死三塁で、3番イエリチは空振り三振で攻撃終了。

【八回裏】米2―1日

米国は5番手メランソンが登板。日本は小林の代打で内川が出場し、右前安打で出塁。田中が代走で出ると、続く山田が犠打で送って1死二塁。菊池は空振り三振。続く青木は四球を選び、1死一、二塁。ここで4番の筒香は、代わった米国の6番手ニシェクに右飛に打ち取られ、得点ならず。

【九回表】米2―1日

日本がピンチをしのいだ。日本は3番手で平野が登板。先頭のアレナードは空振り三振。ここで日本は4番手の宮西にスイッチし、米国は5番・ホズマーが左中間への二塁打で出塁。1死二塁で日本は6番手の秋吉が登板。マカチェンを遊飛、スタントンを一飛に抑え、無失点で切り抜けた。

【九回裏】米2―1日

日本は5番からの好打順だったが、中田が投ゴロ、坂本勇が遊ゴロ、松田が空振り三振に倒れて無得点。1点差で競り負け、2大会ぶりの世界一はならなかった。

勝者は22日(日本時間23日午前10時)からの決勝で、プエルトリコ(F組1位)と戦う。

■両チームの先発メンバー

▼米国代表(先攻)の先発メンバー 1番(二)キンスラー、2番(中)A・ジョーンズ、3番(左)イエリチ、4番(三)アレナード、5番(一)ホズマー、6番(右)マカチェン、7番(捕)ポージー、8番(DH)スタントン、9番(遊)クロフォード、投手・ロアーク

▼日本代表(後攻)の先発メンバー 1番(DH)山田=ヤクルト、2番(二)菊池=広島、3番(右)青木=アストロズ、4番(左)筒香=DeNA、5番(一)中田=日本ハム、6番(遊)坂本勇=巨人、7番(三)松田=ソフトバンク、8番(中)秋山=西武、9番(捕)小林=巨人、投手・菅野=巨人

情報源:侍ジャパン、2大会連続で準決勝敗退 米国に敗れる – 2017WBC(ワールド・ベースボール・クラシック):朝日新聞デジタル


最終回も無得点に終わり準決勝敗退した侍ジャパン。【Getty Images】

侍ジャパンは21日(日本時間22日)にアメリカ合衆国、カリフォルニア州のドジャースタジアムでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝の米国戦を行い、米国代表が2対1で接戦を制し、22日(日本時間23日)に同地で行われるプエルトリコ代表との決勝戦へチーム史上初めて駒を進めた

ドジャースタジアムでは非常に珍しい、雨の中で行われた試合は、先発の菅野、ロアークが共に好投。米国打線は菅野の直球とコーナーに集める変化球をなかなか捉えることができず、また、侍打線はロアークのツーシームに苦戦し、両チームとも0点で前半戦を終えた。

しかし、4回に遂に試合が動く。米国の3番・イェリッチの打球を二塁手の菊池が弾き、打者を二塁まで進めると、6番・マカッチェンに三遊間に鋭い打球を運ばれ、米国が1点を先制した。

侍ジャパン先発の菅野は米国の超強力打線を相手にしても、自らの投球を披露。自身も「これまで図ってきた意思疎通が大一番でできた」と語り、6回を3安打、6奪三振、1四球、自責点0に抑える完璧な投球を見せつけ、マウンドを降りた。

好投の菅野を援護したい侍ジャパンは、6回裏には失策を犯し「何とかしたい気持ちで打席に立った」という菊池がソロ本塁打を右翼スタンドに放ち同点とする。

侍ジャパンは7回からは千賀が登板。米国の5・6・7番を三者連続三振に仕留め、MLBでも通用する直球とフォークボールを披露した。

8回も千賀が続投するが、8番・スタントンを四者連続三振に仕留めた後に、連打を浴び二三塁。前進守備を敷いた侍ジャパンだったが、2番・ジョーンズのゴロに対して松田がミスをし、勝ち越し点を献上した。

8回裏には侍ジャパンが代打内川の安打と山田の犠打でチャンスを作るも、後続が続かずに無得点。

9回は平野・宮西・秋吉の小刻みな継投で侍ジャパンは0点にしのいだが、9回裏には今大会好投をしているグレガーソンの前に抑えられ、2対1で米国代表が勝利した。

侍ジャパンはミスから喫した失点が最後まで響き、また打線は米国の小刻みの継投相手にあと1本が出ず、接戦を落とした。今大会は歴史上初めて全勝で勝ち進んだが、2大会連続で準決勝敗退。王座奪還の夢は途絶えてしまった。

侍ジャパン 1-2 米国

投手リレー
【侍ジャパン】
菅野 81球
千賀 31球
平野 3球
宮西 2球
秋吉 6球
【米国】
ロアーク 48球
ジョーンズ 19球
ミラー 17球
ダイソン 12球
メランソン 11球
ニーシェック 4球
グレガーソン 7球

本塁打
【侍ジャパン】
菊池(6回・ソロ)
【米国】

バッテリー
【侍ジャパン】
菅野、千賀、平野、宮西、秋吉 – 小林
【米国】
ロアーク、ジョーンズ、ミラー、ダイソン、メランソン、ニーシェック、グレガーソン – ポージー

情報源:侍ジャパン、WBC準決勝で敗退!米国相手に接戦も、王座奪還の夢途絶える (ベースボールチャンネル) – Yahoo!ニュース


WBC決勝トーナメント準決勝 日本1―2米国 ( 2017年3月21日 ドジャースタジアム )

◇試合経過
米000 100 010|2
侍000 001 000|1

【9回裏】米国投手交代 ニシェク(1/3回無安打無失点)→グレガーソン 5番・中田が投ゴロ、6番・坂本が遊ゴロ。7番・松田が空三振でゲームセット。

【9回表】日本投手交代 千賀(2回2安打1失点)→平野 捕手は炭谷。4番・アレナドは空振り三振。日本投手交代 平野(1/3回無安打無失点)→宮西 5番・ホスマーが左中間へ二塁打。日本投手交代 宮西(0/3回1安打無失点)→秋吉 1死二塁から6番・マカチェンが遊飛。7番・ポージーは一飛。

【8回裏】米国投手交代 ダイソン(1回無安打無失点)→マランソン 9番・小林の代打・内川が一、二塁間を破る右前打。一走・内川に代走・田中。1番・山田の犠打で1死二塁。2番・菊池は空三振。3番・青木は四球、2死一、二塁。米国投手交代。 マランソン(2/3回1安打無失点)→二シェク 4番・筒香は右飛。

【8回表】8番・スタントンが空三振、9番・クロフォードが右前打。1番・キンズラ―が左中間フェンス直撃の二塁打、1死二、三塁。2番・A・ジョーンズのゴロを三塁手・松田が処理にもたつく間に三走のクロフォード生還、米国1点勝ち越し、なおも2死三塁。3番・イエリチは空振り三振<日本1―2米国>

【7回裏】米国投手交代 ミラー(2/3回無安打無失点)→ダイソン 6番・坂本が遊ゴロ、7番・松田が三ゴロ、8番・秋山が二ゴロ。

【7回表】日本投手交代 菅野(6回3安打1失点)→千賀 5番・ホスマー空三振、6番・マカチェン空三振、7番・ポージー見逃し三振。千賀が3者連続三振でこのイニングを無失点で抑える。

【6回裏】1番・山田が空三振。2番・菊池が右翼席へ同点ソロ本塁打。米国投手交代 N・ジョーンズ(1回1/3 1安打1失点)→ミラー 3番・青木が四球で出塁、4番・筒香は空三振、5番・中田は二飛。<日本1―1米国>

【6回表】2番・A・ジョーンズが三遊間を破る左前打。3番・イエリチの2球目で一走のA・ジョーンズが盗塁を試みるも失敗、1死走者なし。イエリチは一ゴロ、4番・アレナドは見逃し三振。

【5回裏】米国投手交代 ロアーク(4回2安打無失点)→N・ジョーンズ 7番・松田が一ゴロ。一時はセーフ判定もビデオ判定でジャッジが覆る。8番・秋山が中飛、9番・小林が見逃し三振。

【5回表】8番・スタントンが空三振、9番・クロフォードが投ゴロ、1番・キンズラーが右飛。

【4回裏】3番・青木が二ゴロ、4番・筒香が四球で出塁、5番・中田が右飛、6番・坂本も右飛。

【4回表】2番・A・ジョーンズが空三振、3番・イエリチの強烈なゴロを名手・菊池がまさかの失策。打球が中堅方向に転がる間にイエリチは二塁へ。4番・アレナドが空三振、5番・ホスマーは四球で2死一、二塁。6番・マカチェンの左前打で二走のイエリチが生還し、米国先制。7番・ポージーは遊飛。<日本0―1米国>

【3回裏】8番・秋山が投直、9番・小林が左前に落ちる安打で出塁。1番・山田が遊ゴロ、2死一塁。2番・菊池の初球で、一走の山田が盗塁成功。この試合4度目となるビデオ判定が行われるも、ジャッジは変わらずセーフ。菊池は三ゴロ。

【3回表】7番・ポージーが左前打。8番・スタントンが三ゴロ、三塁・松田が左前に抜けそうな打球を好捕し併殺完成かと思われたが、ビデオ判定の結果、二塁・菊池の足がベースから離れていたとして1死二塁。9番・クロフォードは二ゴロ、2死三塁。1番・キンズラーが三ゴロ。

【2回裏】5番・中田は空三振。6番・坂本が二塁へ内野安打、7番・松田が三ゴロ併殺打。

【2回表】4番・アレナドが空三振、5番・ホスマーが三ゴロ、6番・マカチェンが遊ゴロ。

【1回裏】1番・山田が死球で出塁、2番・菊池の犠打で1死二塁。3番・青木は二ゴロで2死三塁。4番・筒香は左飛。

【1回表】1番・キンズラーは右飛。2番・A・ジョーンズが一邪飛、一塁手の中田が観客席に身を乗り出しながら好捕。3番・イエリチが空三振。

【日本代表スタメン】投手 菅野

1番(DH)山田、2番(二)菊池、3番(右)青木、4番(左)筒香、5番(一)中田、6番(遊)坂本、7番(三)松田、8番(中)秋山、9番(捕)小林

【米国代表スタメン】投手 ロアーク

1番(二)キンズラー、2番(中)A・ジョーンズ、3番(左)イエリチ、4番(三)アレナド、5番(一)ホスマー、6番(右)マカチェン、7番(捕)ポージー、8番(DH)スタントン、9番(遊)クロフォード

情報源:【試合速報】侍ジャパン準決勝敗退… 散発4安打で米国に敗れる― スポニチ Sponichi Annex 野球


WBC準決勝 日本1―2米国 ( 2017年3月21日 ドジャースタジアム )

<日本・米国>8回、マウンドでがっくりの千賀(右) (AP) Photo By AP

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝トーナメント準決勝が21日(日本時間22日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、侍ジャパンは米国に1―2で惜敗。4、8回に守備のミスから失点し、打線はわずか4安打に終わった。1次ラウンドから6連勝で4強に駒を進めた日本だったが、2013年の前回大会に続いて2大会連続で準決勝で敗退し、悲願の世界一奪回はならなかった。

先発・菅野は安定感抜群の投球で米国打線を3回まで1安打に封じていたが、4回に二塁・菊池の失策と四球で2死一、二塁のピンチを招くと、6番マカチェン(パイレーツ)に左前適時打を打たれて先制点を献上。しかし、その後は切り替えて6回3安打1失点にまとめ、中継ぎ陣につないだ。

5回までわずか2安打に封じられていた日本は、0―1の6回1死、菊池が4回の守備のミスを帳消しにするソロ本塁打を右越えへ放って試合を振り出しに。しかし8回、2番手・千賀(ソフトバンク)が内野ゴロの間に今大会初失点で勝ち越しを許す。1死からクロフォード(ジャイアンツ)、キンズラー(タイガース)に連打を浴びて二、三塁とすると、A・ジョーンズ(オリオールズ)の三ゴロの間に1点を奪われた。千賀は内角球で詰まらせたが、三塁・松田が緩いゴロを本塁に送球できなかった。

日本はその裏、内川の右前打から2死一、二塁の好機を築いたが、4番筒香が凡退。9回も中田からの打順で無得点に終わり、2大会ぶり3度目の決勝進出を逃した。

決勝は22日午後6時(日本時間23日午前10時)から行われ、米国は前回準優勝のプエルトリコ(F組1位)と対戦する。

情報源: 侍ジャパンまた準決勝で涙…米国に1点差惜敗、世界一奪回ならず― スポニチ Sponichi Annex 野球


アメリカに行ってから勝てなかったな。