森友学園問題 自民・公明 あすの証人喚問で真相解明 | NHKニュース

ふむ・・・


大阪の学校法人「森友学園」の籠池理事長の証人喚問が23日行われるのを前に、自民・公明両党の幹事長らが会談し、証人喚問では、森友学園への国有地売却の経緯など、与党としても、真相解明に取り組む方針を確認しました。

大阪・豊中市の国有地が、学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことをめぐって、国会では、23日衆参両院の予算委員会で、籠池理事長の証人喚問が行われることになっています。

これを前に、自民・公明両党の幹事長や国会対策委員長らが会談し、証人喚問での対応などをめぐって協議しました。その結果、森友学園に国有地が売却された経緯や、売却までの間に政治家の関与があったのかなかったのか、また、安倍総理大臣から寄付を受けたなどとする籠池氏のこれまでの発言について、与党としても真相解明に取り組む方針を確認しました。

このあと、自民党の竹下国会対策委員長は記者団に対し、「目的は真相解明であり、国有地の払い下げ問題について、籠池氏がどう受け止め、どう動いたのか、政治家の関与があったのか、なかったのかなど、事実を解明していくということだ。与党として、何らかの意図をもってやろうという話ではない」と述べました。

菅官房長官 政府としても丁寧に説明

菅官房長官は、午後の記者会見で、「国会で決めたことであり、国会の審議については政府としてはコメントすべきではない。ただ、政府としては、国会での求めに応じて、できる限り丁寧にわかりやすく説明をしていきたい」と述べました。

民進 あすは真相究明の始まり

民進党の榛葉参議院国会対策委員長は記者会見で、「本質は、政治家の関与や、国有地の不当な払い下げ、それに、大阪府の関与といった問題だ。あすですべてが究明されると思うのは大間違いで、あすは真相究明の始まりだ。籠池氏が、証人喚問という極めてハードルの高い形で話をするので、そこから第二幕が始まる」と述べました。

公明 政治家関与あったかどうかの一点

公明党の石田政務調査会長は記者会見で、「財務省が国有財産である国有地を売却した値段についての疑問はいろいろあるが、これまでの予算委員会でも、さまざま取り上げられており、あすの証人喚問では、そうしたことに政治家の関与があったのかどうかの一点ではないか」と述べました。

共産 今回の喚問では終わらない

共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で、「一番大事なのは、国民の財産である国有地が、なぜ、格安で払い下げられたのかということだ。私達はその根本問題を突きたい。ただ、今回の籠池氏の証人喚問で終わるものではなく、国土交通省大阪航空局や財務省の担当者も国会に呼ばないと話にならず、次につなげていく必要がある」と述べました。

松井知事 契約書問題解明を

大阪府の松井知事は、23日国会で行われる森友学園の籠池理事長の証人喚問について、森友学園が、小学校の建設で金額の異なる3つの契約書を作った経緯などを明らかにしてほしいという考えを示しました。大阪・豊中市の国有地の売却問題をめぐっては、23日衆参両院の予算委員会で、森友学園の籠池理事長の証人喚問が行われます。
これについて、大阪府の松井知事は「森友学園は、なぜ3つの契約書を作って、大阪府などをだましたのか。ここが一番知りたい。また、政治家の関与があったのかについても明らかにしてほしい」と述べ、森友学園が、小学校の建設で金額の異なる3つの契約書を作った経緯などを明らかにしてほしいという考えを示しました。

情報源: 森友学園問題 自民・公明 あすの証人喚問で真相解明 | NHKニュース

解決するのかね・・・