原発避難者集団訴訟 きょう初の判決へ 前橋 | NHKニュース

ふむ・・・


東京電力福島第一原子力発電所の事故で群馬県に避難した人など130人余りが、国と東京電力におよそ15億円の慰謝料などを求めた裁判は、17日午後、前橋地方裁判所で判決が言い渡されます。全国の集団訴訟で初めての判決で、裁判所の判断が注目されます。

この裁判は、原発事故の避難区域や福島県のそのほかの地域から群馬県に避難した人ら137人が生活の基盤を失うなど精神的な苦痛を受けたとして、国と東京電力に1人当たり1100万円、総額およそ15億円の慰謝料などを求めたものです。

裁判では、国と東京電力が大規模な津波を事前に予測して被害を防ぐことができたかどうかや、東京電力が避難者に支払っている慰謝料の額が妥当かどうかが争われました。

原告側は、平成14年に政府の地震調査研究推進本部が巨大な地震の可能性を示したことを根拠に、津波の被害を予測できたと主張しているほか、これまでに支払われた慰謝料は不十分だとしています。

一方、国と東京電力は、平成14年の発表には多くの研究者から異論があったうえ、その予測に基づく高さの防潮堤を設置しても被害を防げなかったと主張し、慰謝料の額も妥当だとしています。

判決は、前橋地方裁判所で、17日午後3時に言い渡されます。原発事故をめぐり、全国の18の都道府県で1万2000人余りが起こしている一連の集団訴訟では初めての判決で、国や東京電力の過失について裁判所がどう判断するか、注目されます。

情報源: 原発避難者集団訴訟 きょう初の判決へ 前橋 | NHKニュース

ほぉ・・・