給食原因の食中毒か 900人超に症状 東京 立川

ふむ・・・


東京・立川市の給食センター=18日夜

東京都立川市の小学校7校で給食を食べた児童らが食中毒の症状を訴えた問題で、市教育委員会は19日、発症者は18日から108人増えて計943人になったと発表した。重症者はいないという。

市教委によると、児童らは17日に同じ給食センターが調理した給食を食べ、嘔吐や腹痛などを訴えた。発症が判明したのは18日までに計835人だったが、19日午後4時半現在で児童874人、教職員69人となった。うち児童7人が入院したが、一部は退院した。7校のうち4校は20日の休校を決めた。

同じ給食の献立だったのは7校の計約3千人で、市教委は引き続き情報収集を進める一方、給食による集団食中毒の疑いがあるとみて都多摩立川保健所とともに原因を調べている。

情報源:東京・立川の食中毒症状、943人に:イザ!


17日以降、東京・立川市の7つの小学校の児童と教職員が相次いで食中毒と見られる症状を訴え、症状を訴えた人は合わせて940人余りに上っています。保健所は学校給食が原因の集団食中毒の疑いがあると見て調べています。

17日の夕方以降、東京・立川市の7つの小学校に通う児童と教職員が相次いで、おう吐や腹痛などの食中毒と見られる症状を訴えました。
市の教育委員会は日曜日の19日も職員が各学校と連絡を取り合い、同じような症状の児童や教職員がいないか情報収集などの対応に追われました。

教育委員会によりますと、症状を訴えた人はこれまでに児童874人、教職員69人の合わせて943人に上っているということです。入院した児童は7人に増えましたが重症者はいないということです。

7つの小学校のうち症状を訴えた児童と教職員が多い第九小学校、けやき台小学校、南砂小学校、新生小学校の4校は20日休校することになりました。

7つの小学校には同じ給食センターで調理した給食が提供されていて、保健所は学校給食が原因の集団食中毒の疑いがあると見て、引き続き、残った給食や調理場の衛生状況などを調べています。

情報源: 給食原因の食中毒か 900人超に症状 東京 立川 | NHKニュース


どこまで増えるんだろうな。