防衛相 日米同盟強化に向け防衛力整備計画の検証を | NHKニュース

ふむ・・・


稲田防衛大臣は、NHKの「日曜討論」で、アメリカのマティス国防長官との日米防衛相会談で安全保障環境をめぐる認識を完全に共有できたとして、日米同盟の強化に向けて、今後、防衛力の整備計画を検証していく考えを示しました。

この中で稲田防衛大臣は、4日に行われたアメリカのマティス国防長官との初めての日米防衛相会談について、「日本を取り巻く環境やアジア太平洋地域の状況についての認識を完全に共有できた。憲法の範囲で日本自身の防衛力を質も量も強固なものにしていく」と述べました。

また稲田大臣は、マティス長官が沖縄県の尖閣諸島はアメリカの日本に対する防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲だという考えを示したことについて、「新政権でも明言されたことは非常に意義があり、新政権のスタンスをはっきりさせることは抑止力の意味でも重要だ」と述べました。

そのうえで、稲田大臣は4日の会談で、日本として防衛力を強化し、役割の拡大を図っていく方針を伝えたことに関連して、「日本を取り巻く安全保障環境は非常に大きく変わっており、中期防=中期防衛力整備計画や防衛大綱に基づいている点もしっかり検証していく」と述べ、日米同盟の強化に向けて、今後、防衛力の整備計画を検証していく考えを示しました。

情報源: 防衛相 日米同盟強化に向け防衛力整備計画の検証を | NHKニュース

へぇ。