日米共同開発中の迎撃ミサイルの発射実験に成功 「SM3ブロック2A」 米ハワイ沖で標的を迎撃

ふむ・・・


防衛省は、弾道ミサイルに対応するためアメリカと共同開発を進めている新型の迎撃ミサイルについて、ハワイ沖の海上で発射試験を行い、成功したと発表しました。

発射試験に成功したのは「SM3ブロック※2A」というイージス艦に搭載する新型の迎撃ミサイルで、弾道ミサイルへの対応をより確実にするため、平成18年から日米共同で開発を進めています。

防衛省によりますと、日本時間の4日、ハワイ沖の海上でアメリカ軍のイージス艦から発射し、弾道ミサイルと仮定した標的を迎撃したということです。

「SM3ブロック※2A」は、センサーの改良によって弾道ミサイルを探知する能力が向上するほか、燃料の搭載容量が増えるため、射程が伸び、防護できる範囲が大幅に拡大するとされています。

おととし6月と12月にアメリカのカリフォルニア州で地上の施設から発射試験を行ったのに続き、今回は初めての海上での試験となりました。

防衛省は今後、海上での発射試験をもう1度行う予定で、データの解析を進めるなどして、来年度からミサイルの製造を開始したいとしています。

※「2」は正しくはローマ数字

情報源:日米共同開発の新型迎撃ミサイル 海上発射試験成功 | NHKニュース


防衛装備庁は4日、北朝鮮の弾道ミサイルなどに備えてアメリカと共同開発中の海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射実験に成功したと発表しました。

防衛装備庁によりますと、「SM3ブロック2A」の発射実験は日本時間の4日、アメリカと共同でハワイで実施しました。

イージス艦から発射し、「弾道ミサイルを模した標的の迎撃が正常に行われたことを確認した。今後、試験データの詳細な解析を進めていく」としています。(05日00:01)

情報源:日米共同開発中の迎撃ミサイル、発射実験に成功 News i – TBSの動画ニュースサイト


防衛装備庁は4日、日米が共同で開発しているイージス艦搭載迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射試験をハワイ沖で行い、成功したと発表した。

SM3は短・中距離弾道ミサイルの迎撃が目的で、北朝鮮のミサイル開発などに対応する狙いがある。2021年度までに海上自衛隊のイージス艦に配備予定。同庁によると、海上での発射試験は初めて。

4日午後5時すぎ(日本時間)、ハワイのカウアイ島から打ち上げられた模擬標的を、米海軍のイージス艦に搭載したブロック2Aで撃ち落とした。(2017/02/04-20:53)

情報源:海上発射試験に成功=日米開発の迎撃ミサイル-防衛装備庁:時事ドットコム


防衛装備庁は4日、北朝鮮の弾道ミサイルなどに備えて米国と共同開発中の海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射実験を米ハワイ沖で行ったと発表した。

米イージス艦から1発発射して、弾道ミサイルを模した標的を迎撃することに初めて成功。今後は詳細にデータを分析する。

SM3ブロック2Aは従来型に比べて推進力が向上するなどしており、平成33年度の配備を目指す。

情報源: 日米共同開発中の迎撃ミサイルの発射実験に成功 「SM3ブロック2A」 米ハワイ沖で標的を迎撃  – 産経ニュース


ほぉ・・・

2017/2/4
弾道ミサイル防衛用能力向上型迎撃ミサイルの発射試験について(PDF)

防衛装備庁 : ホーム


AFM ブロックシリーズ LAND FORCES 地対空ミサイル トールM1(Tor-M1)
AFM ブロックシリーズ LAND FORCES 地対空ミサイル トールM1(Tor-M1)