きょう日米防衛相会談 日米同盟の重要性確認へ | NHKニュース

ふむ・・・


アメリカのトランプ政権の閣僚として初めて日本を訪れているマティス国防長官は3日の安倍総理大臣との会談に続いて、4日、稲田防衛大臣との初めての日米防衛相会談を行います。会談では、アジア太平洋地域の安全保障環境をめぐって意見を交わし、強固な日米同盟の重要性が確認される見通しです。

アメリカのマティス国防長官は、トランプ政権の閣僚として、初めて日本を訪れており、3日は総理大臣官邸で安倍総理大臣と会談し、安倍総理大臣は、トランプ政権との間でも強固な日米同盟を堅持していきたいという考えを伝えました。

これに対し、マティス長官は、沖縄県の尖閣諸島がアメリカの日本に対する防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲だという考えを示し、会談では、安全保障上の課題に協力して取り組んでいくことが確認されました。

安倍総理大臣としては、マティス長官との間で共有された安全保障をめぐる認識について、来週10日のトランプ大統領との日米首脳会談でも改めて確認したい考えです。

マティス長官は4日午前、防衛省を訪れ、稲田防衛大臣との初めての日米防衛相会談を行うことにしており、アジア太平洋地域の安全保障環境をめぐって意見を交わし、強固な日米同盟の重要性が確認される見通しです。

また、会談では、核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返している北朝鮮への対応や、中国が海洋進出を強めている東シナ海や南シナ海の地域情勢のほか、沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画などが議題となる見通しです。

稲田大臣はマティス長官との初めての会談で、日米の共通の課題をめぐって率直に意見を交わして、信頼関係の構築につなげたいとしており、会談のあと、そろって記者会見し、成果などを発表することにしています。

情報源: きょう日米防衛相会談 日米同盟の重要性確認へ | NHKニュース

どうなるか・・・