首相 米国防長官と尖閣への安保適用を確認へ | NHKニュース

ふむ・・・


安倍総理大臣は衆議院予算委員会で、3日夕方に行われるアメリカのマティス国防長官との会談で、沖縄県の尖閣諸島に日米安全保障条約が適用されることを確認するとともに、強固な同盟関係を内外に示したいという考えを示しました。

この中で、安倍総理大臣は、アメリカのマティス国防長官との会談について、「アメリカとの間では累次の機会に、『尖閣諸島には、日米安保条約が適用される』との立場を確認してきているが、わが国としては、日米安保条約に対するアメリカのコミットメントを信頼している。当然、このことも確認していきたい」と述べ、沖縄県の尖閣諸島に日米安全保障条約が適用されることを確認したいという考えを示しました。

そして、安倍総理大臣は「基本的には日米同盟は揺るぎないというものをしっかりと示していきたい。あるいはアメリカの、日本のみならずアジア太平洋地域に対するコミットメントは変わらないということを確認し、内外に示していきたい」と述べました。

情報源: 首相 米国防長官と尖閣への安保適用を確認へ | NHKニュース

ほぉ。