【侍ジャパン】大谷翔平、WBC出場せず 右足首の故障のため打者としてもアウト!

ふむ・・・


プロ野球、日本ハムの大谷翔平投手が、来月のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表のメンバーから外れることになりました。

これは、日本代表の小久保裕紀監督が宮崎県日南市で行われている西武のキャンプの視察を行ったあとに明らかにしました。

大谷投手は、去年11月の日本代表の強化試合で痛めた右足首の状態がよくないとして、WBCへのピッチャーでの出場を断念していました。

投打の「二刀流」で活躍する大谷投手は野手として出場する可能性も残していましたが、小久保監督は大谷投手の状態の報告を日本ハムから受けたうえで大谷投手本人とも話をした結果、現在も状態が上がらず無理はさせられないと判断し、日本代表のメンバーから外すことを決めました。

小久保監督は大谷投手の代わりに先発ができるピッチャーを招集する方針で、人選を急ぐことにしています。

小久保監督は「WBCに向けてオフからトレーニングをしていたようだが、思っているように状態が上がらず、100%で動ける状況ではないということで、外すことを決めた。中心選手として考えていたが、われわれは前に進むしかない。逆にチームの結束が高まることを期待しながら、目指すところは変えずに試合に臨みたい」と話していました。

情報源:WBC 大谷は外れる ピッチャー追加招集へ | NHKニュース


侍ジャパンの小久保裕紀監督(45)は3日、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平選手(22)を3月開催の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表から外し、先発投手を代替招集することを明らかにした。西武の南郷キャンプ視察後、「大谷を28人のメンバーから外すという決断をしました」と話した。

小久保監督は「翔平がいなくなった分、チームの結束が強まることを期待したい」と話した。米アリゾナ州ピオリアで春季キャンプ中の大谷本人には電話で伝えたという。代替投手については「なるべく早く決めたい」とした。

大谷は昨年10月の日本シリーズで走塁中に右足首を痛め、11月の日本代表の強化試合で悪化させた。先月31日には日本ハムがWBCに投手での出場を断念したことを発表。大谷本人は打者としての出場を目指し、「そこ(打者出場)に向かって頑張りたい」と話していた。

情報源:大谷翔平がWBC日本代表から外れる 小久保裕紀監督が明かす – ライブドアニュース


3月のWBCに臨む日本代表の小久保裕紀監督(45)は3日、右足首痛のためWBCに投手での出場を辞退していた日本ハム・大谷翔平投手を28人の登録メンバーから外すことを明言した。

宮崎・南郷での西武キャンプ視察に訪れていた同監督は、大谷について「昨日から今日にかけて日本ハム球団さんからの情報をしっかりみさせてもらい、彼本人とも話をさせてもらって、28人の登録から外す」とWBCのメンバーから外すことを明かした。

投打の柱として期待の大きかった大谷を欠くことになり小久保監督は「中心として考えていたのですが、ただ前に進むしかない。翔平がいなくなったことでチームの結束が高まることを期待したい」と話した。

大谷は1日にWBCに投手として出場することを辞退していた。キャンプ2日目に日本ハム・栗山監督が「開幕は間に合わないと思っている」と開幕投手断念を明かしたばかりだった。

情報源:大谷、WBCメンバーから外れる 小久保監督「28人の登録から外す」と明言/野球/デイリースポーツ online


野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督は3日、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平選手(22)を代表から外し、先発投手を代替選手として追加することを明らかにした。〔共同〕

情報源:大谷、WBC出場せず 調整遅れで代表外れる  :日本経済新聞


プロ野球日本ハムの大谷翔平投手が3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場登録から外れることを小久保監督が3日、明言した。

大谷は右足首の故障で投手での出場を辞退。打者として期待がかかっていたが、予想以上に調整が遅れているため28人の枠から外すことになった。小久保監督は近く、投手を追加招集する。

情報源: 【侍ジャパン】大谷翔平、WBC出場せず 右足首の故障のため打者としてもアウト! – 産経ニュース


これは痛い。