<船橋女性生き埋め>元同級生少女に無期懲役判決

ふむ・・・


少女の遺体が見つかった現場=2015年4月24日、千葉県芝山町(川口良介撮影)

千葉県芝山町の畑に平成27年、女性=当時(18)、同県船橋市=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人と逮捕監禁の罪に問われた元同級生の少女(19)に対する裁判員裁判の判決公判が3日、千葉地裁で開かれ、松本圭史裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。

検察側はこれまでの裁判で、女性と物の貸し借りなどをめぐるトラブルで腹を立てた少女が共犯の住居不定、無職、井出裕輝被告(22)=強盗殺人などの罪で起訴=に犯行を依頼するなど、「積極的に犯行に関与した」と指摘。殺意や計画性があったと主張していた。

一方、弁護側は逮捕監禁や金品を奪った強盗罪について争わないとしたものの、強盗殺人罪については「計画性はなく殺意もなかった」と争う姿勢を示し、少年院送致が望ましいと主張していた。

起訴状によると、少女は27年4月19日夜、井出被告らとともに、千葉市中央区の路上で、女性を普通乗用車に乗せ、両手足を緊縛するなどして監禁。車内で女性の財布やバッグを奪い、翌20日未明、芝山町の畑に掘ってあった穴に女性を入れ、土砂で生き埋めにして窒息死により殺害したなどとしている。

事件をめぐる裁判では、女性に土砂をかけるなど犯行の主要部分で手を下した住居不定、無職、中野翔太被告(21)が無期懲役の判決を言い渡され、東京高裁に控訴している。

中野翔太被告

情報源:【千葉女性監禁】千葉の女性生き埋め 元同級生の19歳少女に無期判決 – 産経ニュース


芝山町の畑で2015年4月、船橋市の女性=当時(18)=が遺体で見つかった事件で、女性を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人罪などに問われた元同級生の無職の少女(19)=船橋市=の裁判員裁判の判決公判が3日、千葉地裁で開かれ、松本圭史裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。

判決によると、少女は15年4月19日深夜、仲間と共謀し、同じ高校の元同級生だった女性を乗用車に乗せて連れ去り、手足を縛って財布などを強奪。翌20日未明、芝山町の畑で事前に掘っていた穴に女性を埋めて窒息死させた。

情報源: 【速報】<船橋女性生き埋め>元同級生少女に無期懲役判決 | 千葉日報オンライン


ほぉ・・・