すかいらーく 大半の店舗で24時間営業取りやめ | NHKニュース

人件費をけちるな。


深刻化する人手不足に対応し従業員の職場環境の改善を図るため、ガストやジョナサンなどを運営するファミリーレストラン最大手の「すかいらーく」は大半の店舗で24時間営業を取りやめることになり、1日から順次営業時間を短縮します。

すかいらーくは、去年12月現在で全国で運営するファミリーレストラン、ガストやジョナサンなど428店舗で24時間営業を行っていましたが、このうちおよそ7割の310店程度で24時間営業を取りやめる方針です。

1日からはおよそ100店舗で24時間営業をとりやめ、このうち横浜市にあるガスト横浜平沼店では、午前2時に営業をいったん終了しました。この店舗では、入り口や看板の営業時間の表記を変更し、午前7時からの開店に備えていました。

この店の高橋佑弥店長は「深夜の若い利用者が減っていて、時代の流れを感じる。営業時間の見直しによって、従業員をランチやディナーの忙しい時間帯に手厚く配置して接客サービスを向上させ、お客さんにさらに笑顔になってもらえるように頑張っていきたい」と話していました。

今回の取り組みは、人手不足が深刻化する一方で深夜の利用客が減っていることから、営業時間を見直して従業員の職場環境の改善を図ることが狙いです。

会社では、24時間営業を取りやめる店舗に加えて、午前5時や午前6時台まで営業している店舗の大部分も原則午前2時までに営業時間を短縮することにしています。

外食業界ではロイヤルホストも東京の1店舗で続けていた24時間営業を1日で終了するなど、営業時間を見直す動きが相次いでいます。

深刻化する人手不足に新たな動き

飲食業界では深刻化する人手不足に対応しようという新たな動きも出ています。

首都圏を中心に32店舗を展開するラーメン・チェーンは、少ない人手で店を運営できるよう、およそ1年前さいたま市の店舗を改装し、5000万円をかけて最新の機械を導入しました。

客席にはタブレット端末が備え付けられ、客が自動券売機で買った食券を端末のカメラにかざすと自動的に注文が完了します。できあがったラーメンは客席の前にあるレーンに載って運ばれてきます。注文した客の目の前にぴたりと止まるその動きから、店では「空飛ぶラーメン」と呼んでいます。

従来の店舗ではランチタイムなどには6人の従業員が必要でしたが、注文取りや配膳を自動化したことで4人で仕事をこなせるようになったといいます。

また、このラーメン・チェーンでは人材獲得のための新たな制度も導入しました。今月からアルバイトを紹介してくれた人に15万円、社員の紹介なら40万円の報奨金を出すことにしたのです。

これまでは人材会社に依頼して社員を紹介してもらっていましたが、多額の手数料を支払っても人材がなかなか集まらなかったため、直接、報奨金を出すことにしたということです。

ラーメンチェーンの西尾了一専務は「これまでに経験したことのないような人手不足の時代に来ている。働きやすい環境を作って人材確保につながることは何でもやっていきたい」と話していました。

情報源: すかいらーく 大半の店舗で24時間営業取りやめ | NHKニュース

賃金を高めに設定すればよろしい。