日立がウラン濃縮技術開発撤退、損失700億円か News i – TBSの動画ニュースサイト

マジか・・・


日立製作所は、レーザーを使ったウランの濃縮技術の研究開発から撤退し、700億円の損失を計上する可能性があると発表しました。

日立製作所は、アメリカの大手電機メーカー「ゼネラル・エレクトリック」と共同で、原発の燃料となるウランをレーザーで濃縮する技術の研究開発を進めてきました。しかし、世界的に核燃料の需要が低迷する一方で、開発コストが膨らんでいるため、研究開発からの撤退する方針だということです。

日立は3月末までに最終的な判断をするとしていますが、撤退した場合、およそ700億円の損失を計上する可能性があるということです。

また、東芝も原発の新規建設の分野からは撤退する方針を固めていて、大手電機メーカーが原発事業を縮小する動きが進んでいます。(01日19:22)

情報源: 日立がウラン濃縮技術開発撤退、損失700億円か News i – TBSの動画ニュースサイト

どうするんだろう。