トランプ政権は中国、ロシア、イスラム過激派と並ぶ「脅威」とEU大統領:イザ!

ふむ・・・


欧州連合(EU)のトゥスク大統領は31日、加盟国首脳に宛てた書簡で、トランプ米政権について、ロシアや中国、イスラム過激派と並び、EUが直面する「脅威」だとの認識を示した。トランプ政権の政策には欧州内でも批判が上がっていたが、異例の厳しい表現で批判した。

英国を除く27加盟国首脳は2月3日にマルタで非公式会合を開く予定で、書簡はそのための招待状。トゥスク氏はEUへの外部からの脅威の一つとして、「特に米国の変化はEUを困難状況に置いた」と強調。トランプ政権は「過去70年間の米外交政策に疑問を投げかけている」ともした。

トゥスク氏は一方、加盟国に対し、「ロシアであろうが、中国、米国であろうが、われわれは欧州の威厳のために立ち上がらねばならない」とEU内の連帯を訴えた。(ベルリン 宮下日出男)

情報源: トランプ政権は中国、ロシア、イスラム過激派と並ぶ「脅威」とEU大統領:イザ!

ハァ・・・