藤村俊二さん死去 82歳「おヒョイさん」の愛称、軽妙な味で人気

82歳か・・・


コメディアンや俳優などマルチな才能を発揮し“おヒョイ”の愛称で親しまれたタレントの藤村俊二さんが1月25日午後8時45分ごろ、心不全のため入院先で死去した。82歳だった。神奈川県出身。所属事務所によると「復帰を目指して療養しておりましたが、最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取りました」という。

藤村さんは15年12月に日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを降板。当時、所属事務所は「父・藤村俊二の体調不良によりナレーションを降板させていただくことになりました。今後のことにつきましては、父は、ゆっくり考え、またいつか皆さまとお目に掛かることができればと申しております」とコメントしていた。

情報源:〈速報〉“おヒョイさん”藤村俊二さん死去、82歳 心不全 – 日刊スポーツ芸能速報 – 朝日新聞デジタル&M


「オヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二(ふじむら・しゅんじ)さんが1月25日、心不全のため死去した。82歳だった。2月14日正午から東京都渋谷区神宮前6の25の12、慈雲山長泉寺で「献花の会」を行う。

家族によると、藤村さんは平成27年12月に日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」を降板後、復帰を目指して療養していたが、最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取ったという。

藤村さんは昭和9年、神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大を中退後、東宝芸能学校の1期生に。その後、日劇ダンシングチームを経て、パリでパントマイムを学んだ。帰国後は振付師として、人気テレビ番組「8時だョ!全員集合」などを手掛けた。

フットワークが軽く、ときどき舞台からヒョイと抜け出したため、付いたあだ名は「オヒョイさん」。受けた仕事も手広く、「巨泉×前武ゲバゲバ90分」で名を上げて以降、「ぴったしカン・カン」や「オヒョイさん漫遊記」シリーズなど、数多くのバラエティー番組やCMに出演した。

俳優としては、ドラマ「西遊記II」や「総理と呼ばないで」、映画「ラヂオの時間」、「DEATH NOTE デスノート」シリーズなどに出演。とぼけたキャラクターやおしゃれな紳士役など、幅広い役柄を演じ、不思議な存在感が作品に深みを加えた。

自己主張が強くなく、「食事の途中で気分を変えたり、口をさっぱりさせたりするために食べる、ちょっとした料理」を意味する「はし休め」をもじり、自らを「芸能界のはし休め」と表現していた。

デビュー以来、さまざまなテレビ番組に出演する一方で、肺気胸や胃がんなどの病気に苦しめられた。平成23年からは「ぶらり途中下車の旅」の2代目ナレーションも務めていたが、体調不良のため、27年10月から休養し、同年12月に正式降板していた。

情報源:「オヒョイさん」俳優の藤村俊二さん死去 「ゲバゲバ90分」「ぶらり途中下車の旅」(1/2ページ) – 産経ニュース


「オヒョイさん」の愛称で親しまれ、とぼけたキャラクターとマルチな活躍で人気を集めた俳優の藤村俊二さんが心不全のため亡くなりました。82歳でした。

藤村さんは神奈川県の出身で、東宝芸能学校でダンスを学びました。昭和35年に日劇のダンシングチームのメンバーとしてヨーロッパでダンスや本場のパントマイムを学んだあと振り付け師となり、テレビ番組やコマーシャルでダンスなどの振り付けを担当しました。

その後、テレビドラマや映画などに数多く出演し、個性派の俳優として活躍しました。平成17年に放送されたNHKの連続テレビ小説「ファイト」で、馬が好きなヒロインと関わりを持つ馬主の役を軽妙に演じたほか、「まんてん」ではナレーションを担当しました。

藤村さんは「オヒョイさん」の愛称で親しまれ、テレビのバラエティー番組などではとぼけたキャラクターで人気を集めました。また、東京の青山でワインバーを経営するなど、スマートなライフスタイルやおしゃれな服装でも知られました。

公式ホームページによりますと、藤村さんはおととし体調を崩して民放の番組を降板し、復帰を目指して療養を続けていましたが、先月25日、心不全のため入院先の病院で亡くなりました。最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取ったということです。

情報源:俳優の藤村俊二さん死去 | NHKニュース


「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが1月25日、心不全のため82歳で亡くなった。きょう1日、長男の亜実さんが藤村さんの公式サイトで発表した。

亜実さんは「去る1月25日(水)20時45分頃、父・藤村俊二が心不全のため入院先の病院で永眠いたしました(82歳)。生前のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます」とつづり、「2015年12月に日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』の番組を降板させていただいてから、復帰を目指して療養しておりましたが、最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取りました」と報告した。

藤村さんは1934年、神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大学を中退後、東宝芸能学校を卒業。「おヒョイさん」の愛称とともに軽妙な語り口と飄々(ひょうひょう)としたキャラクターで親しまれ、『ぴったしカンカン』などのバラエティー番組や、俳優としてドラマ『王様のレストラン』、映画『デスノート』に出演するなど幅広く活躍した。2015年10月、ナレーターを務めていた日本テレビ系『ぶらり途中下車の旅』を降板し、以降は療養生活を送っていた。

14日、正午より東京・渋谷の慈雲山 長泉寺において「献花の会」が催される。

情報源:「おヒョイさん」藤村俊二さん死去 82歳 | ORICON NEWS


俳優の藤村俊二さんが、1月25日20時45分ごろ入院先の病院で亡くなったことがわかった。82歳だった。

藤村さんは、2015年12月に日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」の番組を降板。復帰を目指して療養していた。長男の亜実さんによると、最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取ったという。

情報源:藤村俊二さんが心不全で死去 「おヒョイさん」の愛称で親しまれる – BIGLOBEニュース


「オヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優でタレントの藤村俊二(ふじむら・しゅんじ)さんが1月25日、心不全のため死去した。82歳。「献花の会」は2月14日正午、東京都渋谷区神宮前6の25の12の長泉寺。

1934年、神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大中退後、東宝芸能学校舞踊科卒。フランスでパントマイムを学んだ後、振付師として人気番組「8時だョ!全員集合」やレナウンのテレビCM「イエイエ」の振り付けをした。

とぼけたキャラクターが人気を集め、「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」などバラエティー番組に出演。「クイズダービー」「なるほど!ザ・ワールド」などの解答者、テレビドラマや映画の俳優としても活躍。同い年の愛川欽也、大橋巨泉、財津一郎の各氏らと親睦会「昭和九年会」を作っていた。

体調不良のため15年末に「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系)のナレーターを降板し、療養していた。

情報源:訃報:藤村俊二さん82歳=タレント「オヒョイさん」 – 毎日新聞


ひょうひょうとした雰囲気で、“おヒョイさん”の愛称でも親しまれた俳優の藤村俊二さんが心不全のため、1月25日に入院先の病院で亡くなっていたことが1日、明らかになった。82歳だった。藤村さんの所属事務所代表で長男の亜実さんが報道各社にFAXで発表した。

藤村さんは体調不良で2015年12月にナレーションを務めていた日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」を降板し、その後は芸能界を引退状態だった。

亜実さんが送付したFAXには「2015年12月に日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』の番組を降板させて頂いてから復帰を目指して療養しておりましたが、最後は苦しむ様子もなく穏やかに息を引き取りました」とつづられている。

ダンディーで明るい人柄で愛された藤村さん。長年、東京・南青山で落ち着いた雰囲気のワインバー「O’hyoi’s」を経営し、多くの“大人な”芸能人の憩いの場ともがなっていたが、惜しまれつつ10年に閉店している。

今月14日正午から、東京都渋谷区神宮前6-25-12の慈雲山 長泉寺でお別れの会「献花の会」が催される。

情報源:藤村俊二さん死去 82歳、心不全 15年12月「途中下車の旅」降板/芸能/デイリースポーツ online


「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが先月25日、心不全のため死去していたことが1日、わかった。82歳だった。

この日、長男で所属事務所「オヒョイアンドサンズ」の藤村亜実代表が各社にファックスを送付、父の死を伝えた。藤村さんは25日午後8時45分ごろ、入院先の病院で息を引き取った。2015年12月に日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」を降板。当時、胃がんであることを公表していた。

亜実氏によると、「最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取った」という。

なお、「藤村俊二氏・献花の会」が2月14日午後12時~午後3時、東京都渋谷区神宮前6―25―12 慈雲山・長泉寺で営まれる。

情報源:「おヒョイさん」藤村俊二さん死去…82歳、心不全 : スポーツ報知


「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが1月25日、心不全のため死去した。82歳。神奈川県鎌倉市出身。体調不良のため、2015年10月で日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを降りてから療養生活を送っていた。

軽妙な味で多くのファンに愛された「おヒョイさん」が静かに逝った。11年10月から担当し、好評を博した「ぶらり…」を降板する際、長男で所属事務所の代表を務める亜実さんは「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事が出来ないまま、皆さまの前に姿を見せたくない”と言っている」と説明。原因不明の体調不良で、一昨年10月末から入退院を繰り返していた。

実父は東京・有楽町の映画館スバル座やオリオン座などを持っていたスバル興業の社長だった。藤村さんは小学校から高校まで暁星学園で学び、演出家を目指して早稲田大学第1文学部演劇学科に入学したものの中退。東宝芸能学校舞踊科に入り直した。

日劇ダンシングチーム12期生として1960年に渡欧したが、あまりのレベルの高さに自らの限界を痛感して舞踊家の道を断念。帰国して振付師に転向した。ザ・ドリフターズの大人気番組「8時だョ!全員集合」では民謡「北海盆唄」をアレンジしたオープニング「エンヤーコラヤ ドッコイジャンジャン コーラヤ」を振り付けた。同番組ではエキストラとしての出演も求められたが、これが嫌で「ひょい」と逃げたことから「おヒョイ」のあだ名がついた。

軽妙でとぼけた味が人気で、フジテレビ「なるほどザ・ワールド」、日本テレビ「ゲバゲバ90分」、TBS「ぴったしカン・カン」など、バラエティーやクイズ番組に引っ張りだこ。映画「青春喜劇・ハレンチ学園」(70年)、「喜劇・猪突猛進せよ!!」(71年)や三谷幸喜脚本の「王様のレストラン」(95年)、「古畑任三郎」(96年)などのドラマでも評判を呼んだ。声優やナレーターとしても才能を存分に発揮した。

情報源: 藤村俊二さん死去 82歳「おヒョイさん」の愛称、軽妙な味で人気― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ご冥福をお祈りいたします。