日本から韓国に持ち込まれた仏像、元所有主の寺院への引渡しが一時中断? (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

おや?


日本・対馬の観音寺から盗み出された後、韓国に持ち込まれた仏像の引渡しが一時中断された。

1日、大田(テジョン)高等検察によると、大田地裁は先月31日に検察が申請した「金銅観音菩薩座像仮執行引渡し強制執行停止申請」を認めた。これに伴い、600余年ぶりに本来の所有主と伝えられた忠清南道瑞山(チュンチョンナムド・ソサン)の浮石寺(ブソクサ)に移される予定だった仏像は、当面、文化財庁国立文化財研究所が保管することになった。

先月26日、大田地裁民事12部は、金銅観音菩薩座像を浮石寺に引き渡すよう判決を下した。検察控訴の如何にかかわらず、仏像を寺院側にすぐに引き渡すよう命じ、最高裁の最終判決を待たずに仏像を引き渡すよう指示する仮執行も命じた。検察は1審判決直後、大田高裁に控訴すると同時に大田地裁にも仮執行停止申請を出した。

1審裁判所とは異なる大田地裁内の裁判所は、検察の停止申請を認めた後、これを韓国政府に代わって訴訟を引き受けている大田高検に通知した。

検察関係者は「仏像き損の可能性や盗難の可能性などを総合的に判断したもの」としながら「控訴審や最高裁で判決が覆った場合、仏像を返還しないか隠すようなことがあれば回収が難しくなることも考慮した」と説明した。この関係者は「盗んできた仏像を自分たちの所有物だと判断できるのか、国の立場としてあいまいな部分がある」とし「愛国心は理解するが、法理的に見る場合、浮石寺が不利な側面もある」と述べた。

裁判所の決定によって、仏像を修徳寺(スドクサ)に移して保管しようとしていた浮石寺の計画に支障をきたすことになった。浮石寺住持のウォヌ僧侶は「上級裁判所でもなく、同じ裁判所で別の決定を出していて、戸惑っている」とし「弁護人と協議して今後の対策を練りたい」と述べた。

金銅観音菩薩座像(右)

情報源: 日本から韓国に持ち込まれた仏像、元所有主の寺院への引渡しが一時中断? (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

ふーん・・・