【米入国禁止】トランプ大統領、大統領令に疑義示したイエーツ司法長官代行を解任(1/2ページ) – 産経ニュース

なんじゃそりゃ。


解任されたイエーツ司法長官代行(ロイター)

【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領による中東・アフリカ7カ国からの入国一時禁止で、イエーツ司法長官代行は30日、合法性に確信が持てないとして、司法省にこの大統領令を擁護しないよう求めた。トランプ氏はこれを不服としてイエーツ氏を解任し、バージニア東部地区連邦検事のダナ・ボエンテ氏を後任に指名した。

ホワイトハウスは30日夜に発表した声明で「イエーツ氏は米国市民を守るための合法的な命令(大統領令)の執行を拒否することで司法省を裏切った」と非難した。また、オバマ前政権で任命されたイエーツ氏が不法移民の問題に「非常に弱い」態度を取っているとの認識を示した。

イエーツ氏は2015年、オバマ前政権下で司法副長官に就任し、今月20日の新政権発足に伴い、トランプ氏の求めで長官代行に就いていた。

ホワイトハウスの声明はこのほか、大統領令は司法省法律顧問室で合法性の確認を受けていると強調。入国一時禁止について「7つの危険な場所から旅行する個人に、より厳しい審査を求めることは極端なことではない」と主張した。

後任のボエンテ氏は司法長官に指名されたジェフ・セッションズ上院議員が上院の承認を経て就任するまで代行を務める。ボエンテ氏はホワイトハウスが発表した声明で、「トランプ氏に仕えることを誇りに思う。自国民と国家の保護を確実にするため法を守り、執行する」と表明した。

情報源: 【米入国禁止】トランプ大統領、大統領令に疑義示したイエーツ司法長官代行を解任(1/2ページ) – 産経ニュース

独裁政権ですな。