【海外発!Breaking News】エミューを卵から育てペットにした女性、雛と突然の悲しい別れ(英) | Techinsight

えぇ・・・


せっかく心を込めて世話をし、孵化させたのに…。先日、自宅でエミューをペットとして飼っている英女性の話題をお伝えしたばかりだが、悲しくもエミューの雛はこの家族と別れなければならない羽目になってしまったようだ。

英国王立動物虐待防止協会にエミューの雛を奪われる(出典:http://www.dailystar.co.uk)

英ハンプシャー州ボードンに住むシャーロット・ハリソンさん(24歳)は昨年11月、父親に頼んでエミューの卵を通販で購入してもらい、今年の1月5日に自宅で孵化させることに見事成功した。“ケビン”と名付けられたエミューの雛を家族のように可愛がっていたのだが、ハリソンさん一家とケビンとの生活は長くは続かなかったようだ。

ケビンと鶏の様子をたびたびYouTubeに投稿していたシャーロットさんは、ユーザーから「野生動物を自宅で飼うべきではない」という批判を受けていた。成長すれば身長1.8メートル、体重63キロ以上にもなるエミューは、雛のうちはいいものの適切な飼育法や場所が必要になる。

「ケビンが成長したら近所の牧場に連れて行く」と語っていたシャーロットさんだったが、その時を待たずして突然の別れが訪れた。ニュースを知った者からの密告もあり、英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)はシャーロットさんがインターネットに投稿したケビンの写真を見つけたのだ。

そしてRSPCAのスタッフは、シャーロットさんの家を訪れると「この3ベッドルームの家では、成長すれば大きくなるエミューを育てていく環境としてはふさわしくない」としてケビンを連れ去ったのである。

シャーロットさんにとって、この突然の結末はあまりにも悲し過ぎた。「ケビンは本当に愛らしくて、すっかり家族の一員だったんです。子供たちもケビンが大好きだったのに…。ちゃんとリサーチしてケビンを育てていました。ケビンがいなくなって本当に悲しいし傷ついています」と話す。

ケビンとの別れを強いられたシャーロットさんは大泣きしたというが、密告した者に対しても怒りの気持ちも少なからずあるだろう。しかしRSPCAのスタッフは、「エミューは飼い主を性的対象として見る場合があり、攻撃的になる可能性もある」と述べており、スポークスマンも「ペットとして大型の鳥を飼う前には十分考慮する必要がある」と警告している。

悲しみに暮れるシャーロットさんと家族だが、唯一の救いは「ケビンがオスじゃなくてメスだとわかったこと」だそうだ。シャーロットさんは「まるで映画『カールじいさんの空飛ぶ家(2009年)』のストーリーそのものだったので笑えました」と明かしている。

出典:http://www.dailystar.co.uk

情報源: 【海外発!Breaking News】エミューを卵から育てペットにした女性、雛と突然の悲しい別れ(英) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

悲しいなぁ・・・