「肺がん」1年伝わらず 慈恵医大病院、検査結果を放置

最悪だ。


東京慈恵会医科大学附属病院で、70代の男性患者が救急外来の検査で肺がんの疑いがあると診断されたのに、その後に担当した主治医などが検査結果を把握しないまま、1年以上、治療が行われなかったことがわかりました。患者はがんが進行して意識がない状態だということで、病院はミスを認めて患者の家族に謝罪しました。

東京・港区にある東京慈恵会医科大学附属病院などによりますと、おととし10月、東京・町田市の72歳の男性が肝臓の持病で体調を崩して救急外来を受診した際、CT検査で「肺がんの疑いがある」と診断されました。

検査を行った放射線科の医師は、結果を報告書に記載しましたが、主治医などが見落として把握せず、1年以上たった去年、男性が体調を崩して改めて検査を受けた結果、肺がんが見つかったということです。

男性の家族によりますと、すでにがんが進行して男性は意識がなく、人工呼吸器が必要な状態だということです。

病院は、主治医などが検査結果を見落していたことを認め、すでに男性の家族に謝罪したということです。

東京慈恵会医科大学附属病院はNHKの取材に対し、「患者ご本人とご家族に心よりおわびします。全力で治療を尽くすとともに、再発防止に努めたい」とコメントしています。

男性の息子は「父が長年通っていた病院で信頼していたのに、検査結果が見落とされて悔しいと思う。同じミスが二度と繰り返されないよう再発防止を強く求めたい」と話しています。

検査結果の確認ミス 40件報告

医療事故の分析などを行っている日本医療機能評価機構によりますと、画像検査の結果を主治医などが十分に確認せず、治療が遅れたケースは、分析を始めた平成16年以降、40件報告されています。

報告書によりますと、中には治療の遅れによって患者が死亡するケースもあり、このうち、岐阜県の大垣市民病院では、平成26年、70代の男性が検査でがんと診断されていたのに、担当の医師が検査結果を見落として死亡しました。

また、名古屋大学医学部附属病院で、80代の女性がCT検査で肺と耳にがんの疑いがあると診断されていたのに、主治医だった耳鼻いんこう科の医師が肺がんの診断を見落とし、おととし死亡したということです。

こうした報告は、義務ではなく任意で行われているほか、対象も大学病院などの医療機関に限られているため、実際にはさらに多くのケースがあるという指摘もあります。

日本医療機能評価機構は、背景に医療機関によって検査結果を確認する手順があいまいなことや、当初の想定と違う部位にがんなどが見つかっても、主治医の専門外の領域だと十分に目を通さないケースがあるとしたうえで、さまざまな診療科で検査結果を共有できる仕組みを作るべきだと指摘しています。

情報源:“肺がんの疑い”検査結果見落とし 1年以上治療されず | NHKニュース


東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)が、検査で肺がんの疑いを発見された70代の男性患者に検査結果を伝えないまま約1年間放置していたことが31日、関係者への取材で分かった。男性のがんは進行して手術できない状態となり、病院は患者側に謝罪した。

関係者によると、男性は肝臓に持病があり、慈恵医大病院の消化器肝臓内科で治療を続けていた。昨年10月、貧血などのため同病院に入院した際、胸部CT検査で肺がんと診断された。

ところが、12月になって担当医から「1年前に撮影した胸腹部CT検査で肺がんの疑いがあると放射線科医が診断していたが、放置していた」と説明を受けた。病院側の説明によると、男性は平成27年10月に入院した際にCT検査を受けており、放射線科の医師が画像報告書に「原発性肺がんは鑑別となり、短期間でのフォローが望まれます」と書き込んでいた。

しかし、当時の担当医やその後の外来を担当した主治医は、報告書を確認しないまま肺がんの疑いを1年にわたり放置。その間にがんは進行し、男性は手術や抗がん剤治療ができない状態になった。

病院は「今回の事実を大変遺憾に思います。現在、全力で対応し治療に当たっております。改善策を検討し、再発防止に務めたいと思います」とコメントした。

情報源: 「肺がん」1年伝わらず 慈恵医大病院、検査結果を放置:イザ!


はぁ・・・

東京慈恵会医科大学附属病院(本院)