米入国禁止 二重国籍者は原則除外 英政府が米国から確認:イザ!

へぇ・・・?


英政府は29日、イスラム圏7カ国からの一般市民の米入国を禁止する大統領令について、英国と7カ国のいずれかとの「二重国籍者」が、7カ国以外から渡航する場合は適用を除外されることを米政府から確認したと発表した。ジョンソン外相が声明を出した。

声明は、英以外の国籍を持つ二重国籍者については明確に言及していないが、同様の対応とみられる。ただ、ロンドンの米大使館のサイトは、7カ国の国籍保有者は二重国籍でもビザ発給を停止するとしている上、実際の運用は混乱しており、発表通りとなるかは不透明な部分もある。

声明によると、リビアと英国などの二重国籍者で入国審査が厳しくなるのは、7カ国のいずれかから米国に入るケース。英国内ではイラク出身の下院議員や、ソマリア出身の五輪メダリストなどの「二重国籍者」から米国へ渡航できなくなるのではと懸念の声が上がっていた。(共同)

情報源: 米入国禁止 二重国籍者は原則除外 英政府が米国から確認:イザ!

ふむ。