トヨタ 世界販売台数で5年ぶり首位陥落

ふむ・・・


トヨタ自動車が30日発表した2016年のグループ世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車含む)は前年比0.2%増の1017万5千台だった。これに対し独フォルクスワーゲン(VW)の16年の世界グループ販売台数は3.8%増の1031万2千台で、約13万7千台下回ったトヨタが5年ぶりにトップから陥落した。VWは初の世界首位。中国販売の数量差などが明暗を分けた。

トヨタの16年の中国販売も8.2%増の121万4千台と過去最高だったが、VWは12.2%増の398万2千台を販売した。トヨタは主力の米国でも2.0%減と落ち込み、追いつけなかった。

トヨタは今年17年の世界販売は、1020万台を見込む。4年連続の1千万台超えをねらう。

情報源:トヨタ、昨年の世界自動車販売で5年ぶりの首位陥落 中国好調のVWが初の奪首:イザ!


トヨタ自動車は、去年1年間のグループ全体の販売台数が1017万5000台となったことを発表し、中国などで販売を伸ばしたドイツのフォルクスワーゲンを13万7000台余り下回り、5年ぶりに首位の座を明け渡しました。

トヨタ自動車の発表によりますと、グループのダイハツ工業と日野自動車を合わせた去年1年間の販売台数は、前の年より0.2%多い1017万5000台となりました。一方、ドイツのフォルクスワーゲンは、アウディなどを含めたグループ全体の販売が前の年より3.8%多い1031万2400台となりました。

この結果、トヨタはフォルクスワーゲンを13万7400台下回って、5年ぶりに首位の座を明け渡しました。

これは、自動車の最大市場の中国で、フォルクスワーゲンが前の年より43万台増やして398万台だったのに対して、トヨタは9万台増やして121万台にとどまったことや、トヨタが得意とするアメリカでガソリン価格の下落の影響などによりエコカーの販売を伸ばせなかったことが主な要因です。

一方、トヨタはことし1年間の販売目標については、東南アジアなどで販売の増加が見込めるとして、去年の実績を1%上回る1020万台を計画していますが、トヨタにとって最大の市場のアメリカでは、トランプ大統領の誕生により、自動車メーカーを取り巻く経営環境に不透明感が広がっています。

中国市場で明暗分ける

トヨタがフォルクスワーゲンを下回った最大の理由が自動車の最大市場、中国での販売です。去年1年間の中国での販売台数は、フォルクスワーゲンが43万台増やして398万台となった一方、トヨタは9万台多い121万台と、フォルクスワーゲンの3分の1程度にとどまっています。

中国の自動車市場はここ10年でおよそ4倍の2800万台に急速に拡大し、アメリカをしのぐ最大の市場となっています。1985年にいち早く中国に進出してブランドの浸透を図ってきたフォルクスワーゲンに比べ、2000年に本格進出したトヨタは思うようにシェアを伸ばせていません。

セダンやSUV・多目的スポーツ車で中国の消費者のおう盛な需要を着実に取り込んだフォルクスワーゲンが販売台数を大きく増やした形となり、トヨタにとっては今後、中国でブランドをさらに浸透させることができるかが課題となります。

世界販売台数首位の推移は

世界の自動車メーカーの販売台数は、今から10年前の2007年、アメリカのGM=ゼネラル・モーターズが940万台でトップでした。しかし、2008年のリーマンショックでアメリカ経済が大打撃を受け、自動車の販売も落ち込んだことから、アメリカ国内を強みにしていたGMの販売が減少し、トヨタ自動車が初めてトップに立ちます。

経営破綻したGMに代わってトヨタが3年連続でトップを維持しますが、東日本大震災やタイの洪水の影響などで、2011年、GMにトップを奪われます。このとき、トヨタは企業買収を続けてグループを拡大していたドイツのフォルクスワーゲンにも抜かれ、3位となりました。

その後、トヨタは国内に加えてアメリカや東南アジアなどでエコカーを中心に販売を増やし、2012年から4年連続でトップとなりますが、去年は急激に拡大した中国市場での販売でフォルクスワーゲンに差をつけられ、5年ぶりに首位の座を明け渡しました。

情報源: トヨタ 世界販売台数で5年ぶり首位陥落 | NHKニュース


ほぉ・・・