カナダのモスクで乱射、5人死亡 複数の容疑者を逮捕

マジか。


【ニューヨーク共同】ロイター通信によると、カナダ東部ケベックシティーのモスク(イスラム教礼拝所)で29日夜(日本時間30日朝)、銃撃があり、モスク関係者は5人が死亡したと語った。

当時、約40人が礼拝中で、数人の男が銃を発砲したという。地元警察は容疑者2人を逮捕した。

情報源:カナダのモスクで銃撃、5人死亡 礼拝中の人々に発砲か – 共同通信 47NEWS


1月29日、カナダのケベック州ケベック市のモスク内で、礼拝中に銃撃が発生した。モスクの責任者によると、5人が死亡した。写真は事件現場の前に到着した救急車(2017年 ロイター/Mathieu Belanger)

[ケベック市 29日 ロイター] – カナダのケベック州ケベック市のモスク内で29日、礼拝中に銃撃が発生した。モスクの責任者によると、5人が死亡した。

目撃者情報によると、モスク内には40人程度いた。最大3人が銃を乱射したという。

情報源:カナダ・ケベック市のモスクで銃撃、5人死亡 | ロイター


ロイター通信によりますと、カナダ東部、ケベック州の州都、ケベックシティーにあるイスラム教の礼拝施設、モスクで、29日午後8時ごろ、日本時間30日午前10時ごろ、複数の男が銃を発砲しました。モスクの責任者によりますと、5人が死亡したということです。

ロイター通信は目撃者の話として3人の男が当時、モスクにいた40人ほどの人たちに向けて発砲したと伝えています。けが人も出ていて市内複数の病院に運ばれたということです。一方、現地の警察は先ほど2人を拘束したことを明らかにしました。また、死者がいることは確認しましたが、人数については明らかにしていません。

銃撃があったイスラム教の礼拝施設のフェイスブックのページに投稿された動画には、複数の警察車両や救急隊の車両が現場と見られるモスクに駆けつける様子や、警察官があわただしく建物の外側に規制線をはる様子などが映されています。

情報源:カナダのモスクで3人の男が発砲 5人死亡 | NHKニュース


29日、銃乱射事件が起きたカナダ・ケベック市の現場周辺には救急車が止まっていた=ロイター

カナダのケベック市のモスクで29日夜、銃乱射事件が発生した。ロイター通信は、モスクの会長の話として、夜の祈りの最中に事件が起き、5人が死亡したと伝えた。同通信は目撃者の話として、「多くて3人の銃撃者が、約40人に向かって発砲をした」とも報じている。

ケベックの警察はツイッターで、モスクで銃撃があり、「複数の死者と負傷者がおり、複数の容疑者が逮捕された」と発表した。カナダのトルドー首相も「モスクへの卑劣な攻撃で亡くなった人たちをカナダ人は悼む」と声明を出した。

カナダのCBCテレビによると、2人の容疑者が逮捕されており、3人目の容疑者がいる可能性もあるという。同テレビによると、現場となったモスクの外には昨夏、切断された豚の頭が置かれるなどの嫌がらせが起きていたという。

地図

ケベック市は、モントリオールの北東約260キロに位置するケベック州の州都で、人口は約55万人。ケベック州では近年、イスラム教徒の移民が増えていることに伴う摩擦も起きている。カナダ国籍を取得する宣誓のセレモニーの際、イスラム教徒の女性が目だけを出す「ニカブ」と呼ばれるベールを着用できるかどうかが議論となり、15年にあった総選挙では争点にもなった。(ニューヨーク=中井大助)

情報源: カナダのモスクで乱射、5人死亡 複数の容疑者を逮捕:朝日新聞デジタル


ふむ。