入国停止 トランプ大統領「強力な国境管理が必要」 | NHKニュース

なんだかなぁ・・・


アメリカのトランプ大統領は、テロ対策を理由に中東やアフリカの7か国の人などの入国を停止したことについて、「強力な国境管理が必要だ」などと正当性を主張しましたが、アメリカでは各地で抗議デモが続くなど混乱が広がっています。

アメリカのトランプ大統領は、27日、テロ対策を強化するための大統領令に署名し、中東やアフリカの7か国の人の入国と、すべての国からの難民の受け入れを一時的に停止しました。

これを受けて、アメリカ各地の空港では、永住権やビザがあるにもかかわらず、入国できず、拘束される人が相次いでいます。

ホワイトハウスのプリーバス大統領首席補佐官は29日、これまでに109人を拘束し、数十人の拘束が続いていることを明らかにしました。

また、アメリカのメディアは、国土安全保障省の当局者の話として、世界各地の空港で173人がアメリカへ向かう航空機への搭乗を拒否されたと伝えていて、今回の措置によって拘束されたり搭乗を拒否されたりした人の数は280人を超えています。

これについて、トランプ大統領は29日、ツイッターに「強力な国境管理と厳しい入国審査が必要だ。ヨーロッパや世界では恐ろしい混乱が起きている」などと投稿し、今回の措置の正当性を主張しました。

また、国土安全保障省は声明を発表し、「大統領令のすべてを実行に移していく。国家や国民の安全のため、必要であれば、アメリカ政府はビザを無効にする権利がある」として、大統領令に基づき入国審査を強化していく方針を明確にしています。

ただ、今回の措置をめぐっては、共和党重鎮のマケイン上院議員が「混乱を来すものだ。過激派組織IS=イスラミックステートのプロパガンダに利用される可能性もある」と述べるなど、党内からも懸念の声が上がっているほか、アメリカ各地で抗議デモが続くなど混乱が広がっています。

イラン アメリカに抗議の書簡

トランプ大統領がイランなどイスラム教徒が多く住む中東やアフリカの7か国の人たちの入国を停止したことを受けて、イラン外務省は29日、国交のないアメリカの利益代表を務めるスイス大使館の大使を呼び、「差別的で容認できない」として抗議の書簡を渡しました。

イランのメディアによりますと、スイス大使はアメリカ国務省に速やかに伝えると述べたということです。

イラン外務省は、前日の28日には、「イスラム世界の人々を差別し、暴力と過激主義の拡散を招くものだ」などと入国停止を厳しく非難する声明を出し、対抗措置としてアメリカ人のイランへの入国を制限する可能性を示唆するなど、トランプ大統領が打ち出した今回の措置に強く反発しています。

独のメルケル首相 トランプ大統領に懸念

トランプ大統領がイスラム教徒が多く住む7つの国からの入国を一時的に停止したことについて、ドイツ政府の報道官は29日、「メルケル首相は、テロとの断固とした戦いが必要だとしても、特定の地域の出身者や特定の信仰を持つ人たちすべてを疑いの目で見ることは正当化できないと考えている」とツイッターに投稿しました。

そして、メルケル首相が前日の28日に行われたトランプ大統領との電話会談でこうした懸念を伝えたことを明らかにしました。

両首脳をめぐっては、メルケル首相が去年11月、トランプ氏が大統領選挙に勝利した際に、宗教や出身、肌の色を問わずに人間の尊厳を尊重するよう求めたのに対し、トランプ大統領は、その後、メルケル首相の寛容な難民受け入れ政策について、「破滅的な間違いを犯した」と強く批判するなど、対立する発言が続いています。

アラブ連盟 強い懸念示す

アメリカで各国からの難民の受け入れや中東やアフリカの7か国の人たちの入国が停止されたことついて、22の国と地域で作るアラブ連盟は29日、声明を発表し、「アラブの国の人々やシリア難民に対し、アメリカへの入国を停止するのは、正当な手続きではない」などと非難し、強い懸念を示しました。
そのうえで、「規制は、アラブとアメリカの関係に悪い影響を及ぼしかねない」として見直しを求めました。

情報源: 入国停止 トランプ大統領「強力な国境管理が必要」 | NHKニュース

侵略と虐殺と移民の国アメリカが率先して歴史無視ですか。