ダイアナ元妃の彫像設置へ 没後20年で王子2人要請 ケンジントン宮殿に:イザ!

殺されたという噂もあったが・・・


【ロンドン=岡部伸】英王室は28日、ダイアナ元皇太子妃の彫像がロンドン・ケンジントン宮殿の庭園に建てられることになったと発表した。

今年8月で元妃がパリで交通事故で死去して20年にあたるため、チャールズ皇太子と元妃の間に生まれた長男、ウィリアム王子、次男、ヘンリー王子の2人が建立を要請した。王室は年末までに像の完成を目指すとしている。建立に向けて委員会が設置され、資金集めや彫刻家の選定に当たる。

王子2人は声明で「宮殿を訪れる人たちが彫像を見て、世界中に前向きの影響を与えた母親の人生に思いをはせられるようにしたい」としている。

ケンジントン宮殿は元妃が離婚後も暮らし、元妃と王子らのゆかりの場所。

英国のヘンリー王子を抱くダイアナ妃。左下はウィリアム王子=1988年、ロンドン(ロイター=共同)

情報源: ダイアナ元妃の彫像設置へ 没後20年で王子2人要請 ケンジントン宮殿に:イザ!

へぇ。