スマホで道案内:全盲技術者ら開発 商業施設で実証実験

ほぉ・・・


清水建設と日本IBM、三井不動産は26日、スマートフォンを利用した音声ナビゲーション(道案内)の実証実験を、東京・日本橋の商業施設「コレド室町」と周辺地下道で2月8日から行うと発表した。健常者と視覚障害者、車いす利用者にそれぞれ適した経路を日本語と英語で案内する。

清水建設と日本IBMの技術を組み合わせ、施設の天井に5~10メートル間隔でビーコン(無線標識)224個を設置。専用アプリを入れたスマホで位置を認識し、案内する仕組み。行きたい場所をスマホに伝えると、経路を音声で案内する。

健常者の場合は最短経路を、車いすの利用者には段差が少ない経路を選び、視覚障害者には目的地までの距離などをきめ細かく案内し、利用者に応じた対応ができるという。2020年の東京五輪・パラリンピックを視野に、普及を目指す。

情報源:視覚障害者や外国人も安心、音声ナビ 清水建設など日本橋で実証実験 – 産経ニュース


■清水建設 日本IBM、三井不動産と組み、東京・日本橋の室町地区で屋内外の区別なく音声で来街者を店舗や施設に案内するナビゲーションシステムの実証実験に取り組むと26日発表した。スマートフォン(スマホ)のアプリを使って、音声で車いす利用者や、視覚障害者、外国人を含む来街者をそれぞれに適した誘導法で目的地まで誘導する。

実験は2月8日からの3週間実施する。目的地をアプリと対話しながら決めると、音声と地図によるナビが始まる仕組み。一般歩行者に対しては最短経路、車いす利用者に対しては階段や段差のない経路を選定する。実験で浮かび上がったサービスや技術の課題をシステムに反映して実用化を目指す。

情報源:清水建設など、東京・日本橋で音声ナビ実証実験  :日本経済新聞


清水建設と日本IBM、三井不動産は26日、東京・日本橋の室町地区で音声ナビゲーション・システムの実証実験を始めると発表した。スマートフォン(スマホ)のアプリを活用し、音声で車いす利用者や、視覚障害者、外国人を含む来街者を、それぞれに適した誘導法で目的地まで案内する。実験は2月8日から3週間実施する。

話しかけると、アプリが答えてくれ、対話で目的地を決める

実験の対象となる地区は東京・中央の三井不動産の商業施設「コレド室町」3棟の低層階と東京メトロ銀座線三越前駅の地下歩道の延べ床面積2万1000平方メートル。天井に5~10メートルの間隔で設置したビーコン(電磁波を発信して移動体の位置を調べるための通信設備)からの電波などをもとに、スマホを持つ人の位置を把握。目的地まで音声でナビする。音声は日本語と英語に対応する。

アプリでは一般歩行者、車いす利用者、視覚障害者といった属性をまず設定。目的地をアプリと対話しながら決めると、音声と地図によるナビが始まる仕組み。一般歩行者に対しては最短経路、車いす利用者に対しては階段や段差のない経路を選ぶ。視覚障害者には移動に必要とされる細かな情報を音声で提供する。

車いす利用者にも対応し、階段や段差のない経路を選定し案内する

たとえば利用者がアプリを起動し、「映画館に行きたい」と話しかけると、「映画をお探しですね。コレド室町にはTOHOシネマズ日本橋があります。ご案内しますか」とアプリが反応。「お願いします」などと答えると、目的地までの案内が開始される仕組みだ。「9メートル先、右に曲がる」といったカーナビゲーションなどで標準的な方法で案内し、分岐に差し掛かったときに、目的に向かう道を音声や矢印で示す。

今回の実験に参加できるのは「iPhone6」以降のスマホの利用者で、アプリの利用料金は無料。実証実験では参加者にアンケート調査を実施。位置精度、音声案内のタイミング、わかりやすさなどを分析し、浮かび上がったサービスや技術の課題をシステムに反映させていく。浅川智恵子・日本IBM東京基礎研究所IBMフェローは「バリアフリーな次世代の街をぜひ経験してもらいたい。2020年にこの技術が東京中に広がって、世界のロールモデルになることを願っている」と話す。

システムは清水建設の空間情報データベースを構築する技術と、日本IBMの位置測定や音声対話の技術を組み合わせた。

情報源:東京・日本橋で歩行者向け音声ナビ実験 清水建設など  :日本経済新聞


音声案内システムのイメージ

スマートフォンを利用して、視覚障害者や車いす利用者に音声で道案内するシステムの実証実験が、2月に東京・日本橋の商業施設で行われる。既存の案内システムより高い精度で利用者の位置を把握し、障害に応じた目的地へのルートを案内する。14歳の時に事故で視力を失った女性技術者が開発に携わった。【高橋昌紀、五味香織】

音声案内システムは、専用のアプリを使う。利用者がスマホに「和菓子が食べたい」「映画が見たい」などと語りかけると、アプリが行き先の候補を紹介し、「ご案内しますか」と問いかける。「お願いします」などと答えると、道案内を開始する。

実験エリアには、スマホの位置を把握するセンサーを5~10メートルおきに設置し、利用者の動きをきめ細かくフォローする。視覚障害者には「点字ブロックが終了します」「5メートル先を右、自動ドアが二つ」などの注意点を織り交ぜながら案内する。車いす利用者にはスロープやエレベーターを使うルートを示す。

システムは、清水建設と日本アイ・ビー・エムが共同開発した。開発に携わった日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所の浅川智恵子さん(58)は14歳の時、プールでの事故が原因で視力を失った。大学卒業後に入社し、点字翻訳システムなど視覚障害者向けソフトの開発に力を注ぎ、米IBMの技術職最高位「フェロー」になった。日本アイ・ビー・エムによると、日本人ではノーベル物理学賞受賞者の江崎玲於奈さんら4人が務めた肩書でもある。

浅川さんは現在、米国を主な仕事の拠点としているが、日本国内で視覚障害者が駅ホームから転落して亡くなる事故が相次いでいることに胸を痛める。今月26日、音声案内システムが報道陣に事前公開された際、会場で取材に応じ「障害者には二つの壁がある。『情報の壁』はITが取り払いつつあるが、『移動の壁』が残っている」と訴えた。さらに「2020年東京五輪・パラリンピックに向けてシステムが普及してほしい」と語り、実用化に期待を込めた。

実証実験は、商業施設を運営する三井不動産との3社で実施する。対象エリアは、東京都中央区の地下鉄銀座線三越前駅に隣接する商業施設「コレド室町1~3」(92店舗)。事前に募集した視覚障害者40人に参加を限定する実証実験は2月1~7日に実施。体験を希望する車いす利用者や健常者向けには8~28日に実施する。8~28日は、スマホに無料の専用アプリをダウンロードすれば事前の申し込みなしで参加できる。

情報源: スマホで道案内:全盲技術者ら開発 商業施設で実証実験 – 毎日新聞


ふむ・・・