中絶した胎児の遺体を飲食店の冷蔵庫に遺棄 19歳少女逮捕 宮崎

うへぇ・・・


医療機関で中絶した胎児を持ち帰り、親族が勤務する飲食店に遺棄したとして、宮崎県警宮崎北署は29日、死体遺棄の疑いで、住所不定、無職の少女(19)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年12月20日に宮崎市の産婦人科で中絶した胎児を、保冷バッグに入れて同市の飲食店の冷蔵庫内に置き去り、遺棄したとしている。

宮崎北署によると、少女は中絶時点で妊娠4カ月だった。胎児の性別は男。今月25日になって親族から通報があり、28日に少女を任意で事情聴取した際、遺棄を自供したという。

同署は、遺棄に至る経緯や親族が気付いた状況を詳しく調べている。

情報源:中絶胎児を持ち帰り、飲食店の冷蔵庫に置き去りに…死体遺棄容疑で19歳の無職少女を逮捕 宮崎 – 産経WEST


宮崎市で、中絶した胎児を飲食店の冷蔵庫に置き去ったとして19歳の少女が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の19歳の少女です。警察によりますと、少女は去年12月、宮崎市の病院で中絶手術を受け、死産した男の子の遺体を少女の親族が働く宮崎市の飲食店の冷蔵庫に遺棄した疑いが持たれています。遺体は中絶手術の後、死亡届とともに病院から少女に引き渡されていて、今月25日に保冷バッグに入れられた状態で見つかりました。少女は容疑を認めていて、警察が経緯や動機を詳しく調べています。

情報源:中絶した胎児を飲食店に“遺棄”…19歳少女を逮捕


中絶した胎児の遺体を飲食店の冷蔵庫内に放置したとして、宮崎県警は29日、住居不定、無職の少女(19)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

宮崎北署によると、少女は昨年12月20日、妊娠4カ月のときに宮崎市内の産婦人科で男児を中絶。その後、親族が働く飲食店の業務用冷蔵庫内に遺棄した疑いがある。保冷バッグに入っていた遺体を見つけた親族が、1月25日に署に通報した。

少女は宮崎市役所に死産届を出していた。

情報源:中絶胎児を飲食店の冷蔵庫に 死体遺棄容疑で少女を逮捕:朝日新聞デジタル


中絶手術で死産した胎児の遺体を、宮崎市内の飲食店にある冷蔵庫の中に遺棄したとして、19歳の少女が逮捕された。

逮捕されたのは住所不定・無職の19歳の少女で、2016年12月に宮崎市内の病院で中絶手術を受け、死産した男の子の遺体を、親族が働く飲食店の冷蔵庫に遺棄した疑い。

25日、保冷バッグに入れられた状態で発見された。

少女は容疑を認めていて、警察が犯行の動機などを捜査している。 (テレビ宮崎)

情報源: 中絶した胎児の遺体を飲食店の冷蔵庫に遺棄 19歳少女逮捕 宮崎


マジかよ。