無修正AV業界に激震!カリビアンコム配信会社摘発 海外発の“合法主張”は通るのか:イザ!

ふむ・・・


台湾の会社を通じ、摘発された制作会社の映像を配信していたカリビアンコムのサイト※一部画像を加工しています

【衝撃事件の核心】

またもアダルトビデオ(AV)業界に激震が走った。有名女優らも出演する大手無修正動画サイト「カリビアンコム」に、映像を提供していた制作会社が摘発されたのだ。

米国内から発信していることを理由に、自ら「合法」を全面に押していたカリビアン。今回の事件で警察当局は、カリビアンを制作会社の「共犯」と認定。既にICPO(国際刑事警察機構)を通じ、米捜査当局に捜査協力を依頼している。果たして「合法的な無修正配信」の主張は成り立つのか-。

「両社一体の関係」

「カリビアンコムというサイトは知りません」

警視庁と愛知、静岡両県警の合同捜査本部に、わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で逮捕されたAV制作会社「ピエロ」の女社長、陳美里容疑者(67)=台湾出身=は逮捕時、こうとぼけてみせたという。

捜査関係者によると、女社長は夫や息子など親族でピエロを運営。撮影した映像のほとんどがカリビアンで配信されており、「カリビアンのための会社」と言って矛盾のない状態だった。自社のホームページでもAVを販売してはいたが、実態をごまかすためのカムフラージュだったとみられる。

ピエロは、出演する女優など映像の内容を事前に台湾の別会社を通してカリビアンに報告しており、ゴーサインはカリビアンから直接得ていたという。さらにピエロが日本のプロダクションに交渉し、撮影。納品と報酬も台湾の会社が仲介する形をとっていた。

捜査本部はこの台湾の会社の実態を明らかにしていないが、業界関係者によると、逮捕された女社長も運営に関係するなどピエロとおおむね一体。ピエロの口座には、台湾の会社から約9年間で約13億7千万円が振り込まれていたという。

無修正の動画配信「合法的」

無修正動画を配信するカリビアンのサイトには、こんな一文が明記されている。

《当サイトはアメリカ西海岸でサイト管理、運営のすべてをおこなっており、海外にサーバーを設置することにより、サーバーが設置されている国・地域の法律が適用され、合法的に無修正の動画・画像の配信をおこなっています》

実際、日本以外で成人の無修正作品が違法に当たらないケースも多く、捜査関係者は「明らかに国内向けのサイトであっても、海外に拠点があれば捜査は難しい」と歯がみしていた。

捜査本部は今回の事件を組み立てる際、無修正を配信するカリビアンとピエロが共犯関係にあると認定し、ピエロがわいせつな記録を頒布したと結論づけた。

共犯と認定されたことで、カリビアンも国内法上は「シロ」と言い切れないことになる。捜査本部がICPOを通じカリビアン側への捜査協力を依頼したことで、現地当局の捜査の行方が注目される。

オランダ移転の動きも

AVのネット配信はかねてから問題視されていた。

「消してほしいのに応じてくれない」「勝手に流通し、二次利用としての報酬が得られない」。こうした相談は以前から警察や弁護士にあったが、いざ事件化しようとすると「法廷に立ちたくない」「報復が怖い」などとして協力が得られないケースが目立った。

ある捜査幹部は「無修正サイトが野放しになってることで、AV撮影での実際の性行為がほぼ当たり前になっている。有害業務としての認識がなくなっているのは問題だ」と懸念を示していた。

一方、こうした事件の動きと別に、サイト側にとって不利な情勢が持ち上がっている。「ポルノ俳優はコンドームを着用すべきか」などといったポルノに関する議論が、カリビアンの拠点でもある米カリフォルニア州で起きていることだ。

今後こうした議論がどこまで影響するか未知数だが、日本向けのサイト運営者も注意を払っているとみられる。関係者によると、規制が緩やかなオランダに運営の比重を移そうと検討しているサイトもあるという。

AVをめぐっては昨年以降、多くのプロダクションやメーカーが摘発や行政処分を受け、手を引く関係者も少なくない。それでも「産業自体はなくならないだろう」と捜査関係者はみる。健全化に向かうのか、内外が注視している。

情報源: 無修正AV業界に激震!カリビアンコム配信会社摘発 海外発の“合法主張”は通るのか:イザ!

へぇ・・・