原発避難いじめ 後絶たない「原発いじめ」 教委、調査の甘さ課題:イザ!

ふむ・・・


福島原発事故の影響で首都圏などに避難した児童生徒が、転校先でいじめが疑われる被害に遭うケースが後を絶たない。いじめ把握に向けた教育委員会などの調査のあり方も改善が求められそうだ。

横浜市で昨年11月、福島県から同市に自主避難した市立中学1年の男子生徒が小学校時代に同級生から「菌」を名前に付けられるなどし、市教委の第三者委員会がいじめと認定した。

同市での問題発覚以降、複数の自治体で同様のケースが表面化。新潟市では小4男児が同級生から「○○菌」とからかわれ、担任の男性教諭からも名前に「菌」を付けて呼ばれたことにショックを受け学校を1週間以上休んでいることが明らかになった。

川崎市では市立中学に進学した男子生徒が同級生から「近づくな」などと言われ、群馬県では公立小中学校で同級生から悪口を1回言われたケースがあった。

文科省は昨年12月、各教育委員会に対し、面談や保護者への連絡などを通じ、いじめや悩みの有無を確認するよう求める通知を出しているが、「いじめ被害を言いたがらない児童や生徒も少なくない」(文科省幹部)ため、各教委の調査には工夫と慎重さが求められる。

情報源: 原発避難いじめ 後絶たない「原発いじめ」 教委、調査の甘さ課題:イザ!

ハァ・・・