小中学校などで600人以上が集団食中毒か 和歌山 御坊 | NHKニュース

マジかよ。


和歌山県御坊市の小中学校や幼稚園に通う子どもなど、600人以上が下痢やおう吐などの症状を訴えていることがわかり、和歌山県は同じ給食センターで調理された給食が原因の集団食中毒の疑いがあるとみて調べています。

御坊市の教育委員会によりますと、27日午前中、市内のすべてにあたる15の小中学校や幼稚園に通う子どもなどが下痢やおう吐などの症状を訴えているという連絡が相次ぎました。

症状を訴えているのは、教員も含めてこれまでに633人に上るということで、教育委員会は27日、市内すべての小中学校と幼稚園で休校や休園の措置を取りました。

教育委員会によりますと、症状はいずれも26日夜から27日朝にかけて出ていて、病院で治療を受けている人もいますが、これまでのところ症状が重い人はいないということです。

子どもたちが症状を訴えた15の小中学校や幼稚園には市内の同じ給食センターで調理された給食が提供されていることから、和歌山県は給食が原因の集団食中毒の疑いがあるとみて、詳しい原因を調べています。

情報源: 小中学校などで600人以上が集団食中毒か 和歌山 御坊 | NHKニュース

食中毒の原因は何だろう、ノロ?