授業中トイレ許さずバケツへ排尿指示、元女子生徒に1.4億円賠償 国際ニュース:AFPBB News

ひでぇ・・・


【1月27日 AFP】高校の授業中にトイレに行くことを許されず、教室内の用具入れにあったバケツで排尿を余儀なくされたとして元女子生徒(18)が学校を管轄する行政当局に損害賠償を求めていた裁判で、米カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)の裁判所の陪審は25日、賠償金125万ドル(約1億4000万円)の支払いを命じる評決を下した。

訴状によると原告の元女子生徒は、サンディエゴにあるパトリック・ヘンリー高校(Patrick Henry High School)に入学して間もない2012年、授業中にトイレに行きたいと訴えた。しかし、教師は厳格な学校規則を理由にトイレに行くことを許可せず、代わりに教室後方の用具入れにあったバケツに排尿し、流し台に捨てるよう指示したという。

当時14歳だった元女子生徒は、3週間にわたる裁判の中で、屈辱的な体験だったと証言。うわさが広がり、他の生徒から下品なメールが送りつけられるなどしたため、自殺を試みたと語った。

原告側弁護士によると、元女子生徒はいまだに心理療法を受けている。当初は2万5000ドル(約290万円)の賠償金を請求していて、評決には納得しているという。

一方、被告の行政当局側は裁判で、当該教師には原告を傷つける意図はなく、規則に従うべきだと考えただけだったと主張していた。この教師は問題の出来事の後、休職扱いとなり、現在まで出勤していないという。(c)AFP

情報源: 授業中トイレ許さずバケツへ排尿指示、元女子生徒に1.4億円賠償 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

トイレくらい行かせてやれよ。