“違法な長時間労働” 三菱電機を嫌疑不十分で不起訴 | NHKニュース

ふむ・・・


うつ病を発症した元社員の男性に違法な長時間労働をさせたとして書類送検された大手電機メーカー、三菱電機と当時の上司について、横浜地方検察庁は嫌疑不十分で不起訴にしました。

三菱電機の元社員で、神奈川県鎌倉市にある研究所で半導体レーザーの研究をしていた31歳の男性に対し、平成26年2月中旬までの1か月間、78時間余りの残業をさせたとして、労働基準監督署は、今月11日、三菱電機と当時の上司を労働基準法違反の疑いで書類送検していました。

男性は、うつ病を発症し去年6月に解雇され、長時間の残業がうつ病の原因だとして労災認定されていました。

これについて横浜地方検察庁は、27日、「起訴に足りる証拠を集めることができなかった」として、嫌疑不十分で不起訴にしました。

三菱電機「真摯に受け止める」

不起訴になったことについて三菱電機は「書類送検に至った事実は当社として真摯(しんし)に受け止めております。全社をあげて総労働時間の削減と適切な労働時間の管理に取り組んでまいります」とコメントしています。

情報源: “違法な長時間労働” 三菱電機を嫌疑不十分で不起訴 | NHKニュース

ほぉ・・・