壁掛け扇風機、発火の恐れ=14万台を無料交換-パナソニック

ふむ・・・


実験では再現性が確認できなかったものの、事故が続いたことを受けた対応。


パナソニックが、壁掛扇風機「F-GA301」のリコールを実施することを発表しました。製造上の不具合による発火事故が発生したことを受けた対応で、同社は対象となる製品の利用者に対し、直ちに使用を中止するよう注意喚起しています。

「F-GA301」。画像はパナソニック公式サイトから

「F-GA301」はパナソニックグループが輸入し日本国内で販売していた、ひもを引いて操作する壁掛扇風機。2008年10月から2014年12月にかけて製造された14万6797台がリコールの対象となり、無償での交換、設置が行われます。該当製品の確認方法、問い合わせ先などの詳細はWebサイトからご確認ください。なお、同製品はナショナルからも販売されていますが、こちらは対象外です。

パナソニックによれば、これまでに製品首部分や全体が焼損する発火事故が5件報告されているとのこと。2014年に首振り動作を繰り返すことでモータリード線が断線し、火花が発生したとみられる事故があり、同社は再現実験を実施。発火は確認できなかったものの、2016年に同じ原因である可能性が高い事故が2件発生したことからリコールを決定したとしています。

発生事故一覧。発火事故5件のうち、3件が製品の不具合によるものと見られています
対象製品の確認方法

情報源:パナソニック、壁掛扇風機およそ14万台のリコール実施 首振り動作で断線する発火事故が発生 – ねとらぼ


大手電機メーカー、パナソニックは、壁に掛けるタイプの扇風機に発火のおそれがあるとして、対象となる14万台余りを無料で交換することになりました。

発表によりますと、対象となるのは、平成20年10月から平成26年12月までの間に製造され、パナソニックが国内で販売した壁に掛けるタイプの扇風機14万6797台です。

これらの製品は、ブランド名が「パナソニック」、製品品番が「F-GA301」、製造された年についてはラベルが無いものもありますが、「2009年」から「2014年」とそれぞれ表記されているということです。

パナソニックによりますと、平成25年から去年にかけてこれらの製品から火が出る事故が5件あったということです。このうちの3件については、扇風機のモーターに電気を送る線が、首を振る動作を繰り返したことで断線し、火花が出たと見られ、パナソニックは、製造上の不具合が原因だとしています。いずれのケースでもけがをした人はいなかったということです。

パナソニックは対象の製品を無料で交換するとしていて、問い合わせは午前9時から午後9時まで電話番号0120-872-136で受け付けています。(受け付けの時間帯は2月24日以降は午前9時から午後5時まで、平日のみに変更になります)

情報源:パナソニック 壁掛式の扇風機14万台リコール | NHKニュース


パナソニックは24日、同社製の壁掛け型の扇風機に発火の恐れがあるため、無料交換すると発表した。交換対象は14万6797台。2013年5月から16年8月にかけ、5件の発火事故が発生し、うち3件が製造上の不具合が原因と判明した。5件とも人的被害は出ていないという。
同社によると、本体とモーター部分の間に電線が誤って挟まれたまま出荷され、使用時の首振り動作の繰り返しによって断線し、火花が発生したという。
交換対象製品の品番はF-GA301で、製造期間は08年10月~14年12月。問い合わせ先はフリーダイヤル(0120)872136。(2017/01/24-18:27)

情報源: 壁掛け扇風機、発火の恐れ=14万台を無料交換-パナソニック:時事ドットコム



へぇ。