トランプ大統領 雇用創出優先策も環境保護団体反発 | NHKニュース

ふむ・・・


アメリカのトランプ大統領はオバマ前政権では環境保護の観点などから認められていなかった、原油パイプラインの建設計画を推進するよう指示し、雇用の創出を優先する姿勢を示しましたが、環境保護団体が抗議集会を開くなど反発も広がっています。

トランプ大統領は24日、大統領権限を行使して、オバマ前政権では環境保護の観点などから認められていなかった、2つの原油パイプラインの建設計画を推進するよう指示しました。そして、トランプ大統領は記者団に対し「パイプラインをつくれば、2万8000人の雇用が生まれる」と述べ、雇用の創出を優先する姿勢を示しました。

これに対し、ホワイトハウスの前では、環境保護団体の呼びかけでパイプラインの建設に反対する集会が開かれました。参加した女性の1人は「非常に懸念している。トランプ大統領に環境や私たちの未来を破壊させるわけにはいかない」と話していました。

トランプ大統領は就任後、大統領権限を行使して医療保険制度改革いわゆるオバマケアの見直しや、TPP=環太平洋パートナーシップ協定からの離脱など、次々とオバマ前政権からの政策転換を打ち出していますが、反発や懸念も広がっています。

情報源: トランプ大統領 雇用創出優先策も環境保護団体反発 | NHKニュース

へぇ。